開発担当者にお願い

京都造形芸術大学でネット受講の募集をしていたので、授業の詳細を見ようと思ってトライアル科目を視聴してみた。その後に、通信教育入学課にメールしたのが以下の文。

「初めまして。
当方、聴覚障害者です。
昔から美術関連に興味があり、ちゃんと学びたくてトライアル科目の授業をのぞかせていただいたのですが、字幕がなくて講師の話が全くわからず断念することにしました。
念のためお伺いしますが、字幕をつけるという予定・構想はおありでしょうか。
以前にも通信教育で受講したくてパンフレットなど送っていただいたのですが、老親の介護があり家を空けられないのでスクーリングが受けられず諦めていました。
なのでネットで受講出来るというので期待していたのですが・・・。ご多忙のところ申し訳ございませんが、お返事を戴けると幸いです」


翌日返信があり、
「動画教材の字幕作成・文字起こしにつきましては現時点では対応が困難な状況です。ご希望に添えず誠に申し訳ございません。いただいたご意見は教材開発の担当者に申し伝えます」
とのこと。

まあこんなもんでしょうね。
あとは開発担当者がなんとかしてくれたらいいな、と。でもって聴覚障害者向けに「字幕もついています」と募集要項にそう記載されるようになってくれたらいい。
こっちは突発的な事故でも起こらない限り、学ぶのにまだまだ時間がありますのでね。笑


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-03-11 11:17 | う~~~~む | Comments(0)