りぼん60周年展に行く

c0077465_21390231.jpgスットコ娘が有給休暇をとっているというので、じゃあスカイツリーで開催中の「りぼん60周年展」に行こうか、ってことで行ってきました。

ダンナが休みの筈だったのに、同僚が腰痛で動けなくなったということで出勤になってしまい、慌ただしく朝食作って弁当作ってそれからドタドタと駅へ。なに、相手は娘だから多少遅刻したってどうってことないんですけどね、こういう場合、ねこママはいつもドタドタするんです。体重のせいかしら。笑

駅から押上までは電車でたったの20分。気軽に行けるっちゃら行けるんですんが、普段はなんか面倒くさくて行く気がしない。これ、ねこママのいつものパターンね。

ちなみに今日のダンナの弁当は卵焼き・小松菜と油揚、竹輪のサッと煮・アスパラガスにエリンギ、玉ねぎ人参を炒め合わせたもの・ラッキョウ数粒に生野菜。パワーが出ない弁当でダンナも可哀想。でも糖尿が悪化してさまざまな病気が合併したらもっと可哀想。

しかし、ねこママだってがっつり食う系の息子はいるし食事の系統が違うじい様もいるし、毎日毎日食事のことで頭を悩ませなければならず可哀想なんである。←そうか?笑

とにかく押上に行きスカイツリーに上がり、展示を見学して回ってスタンプラリーに参加して、やれ五階だ一階だまた四階だ、とあちこち歩き回ってくたびれて、やっとのことで娘が講読していた当時のりぼん人気キャラクターのシールをそれぞれゲット。つ〜かねこママももらってどうするよ。

りぼんの表紙を60年前のから現在のまでずらっと並べてあるのは圧巻ではあるが、どれが自分が読んでいた頃の表紙なんだか、2枚をのぞいてあとはまるで記憶がない。森田じゅんや一条ゆかりの絵の表紙はすごく懐かしい感じはするし、記載されている漫画も覚えはあるが、たぶん友達やイトコのを借りて読んでいたのであろう。

よくよく考えたらねこママ、「りぼん」も「なかよし」も毎月講読していたわけではなくて、むしろ小学館の学習雑誌育ちなんですね。これだったらいくらかは表紙を思い出せる。
c0077465_14435658.jpg

c0077465_14441867.jpg
付録展は数が少なくて物足りなかった。娘がいまだに持っていて、ねこママが保管しているものがいくつもあってそこは楽しかった。しかし、付録の種類やボリュームに限って言えば、過去に文京区の弥生美術館での付録展の方がよかったかなあ。
まあ、娘が「楽しかった〜〜〜(^▽^)!」と喜んでいたのでオッケーオッケーです。

・・・しかし、とてつもなくくたびれた!!!



[PR]
by nekotamamako323 | 2017-03-14 15:12 | まったり~~~ | Comments(0)