高校生のときに作った詩

「三角定規の青い空」

  硝子の窓の一枚に

  三つのヒビが走ってる

  交わるところが抜け落ちて

  三角定規のかたちです

  そこから見える青い空

  ときおり雲が通ります

  三角定規の青い空

  なんとのどかな春の日だ



そんなことより早く硝子を取り替えろよ、ですわね。笑
しかし冬でなくてよかった。(^^)


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-03-19 22:16 | 俳句・短歌・詩など | Comments(0)