カテゴリ:ひゃああああ( 258 )

雪!!

夕方、お使いに行く前の庭先の様子。その後も雪は降り続いて、今は結構な積雪になっている。
スットコ娘から、「Kくんが電車をやめてタクシーで帰るというので途中で合流して一緒に帰るよ〜」とLINEあり。乗れただけラッキーやねんな。アンタ結婚しててよかったね。

c0077465_20490710.jpg

[PR]
by nekotamamako323 | 2018-01-22 20:56 | ひゃああああ | Comments(0)

押入れを片付け中

スットコ息子がいなくなった部屋の押し入れを片づけている。

ぼやぼやしているとダンナが下段にあるおもちゃ類まで捨てかねないので(娘には自分の子供が産まれたら使わせるから絶対捨てないで!と言われている)、重たい腰を上げて整理しているわけです。
1万円以上するおもちゃがいくつかあるので(デンマーク製のにハマっていた)、勝手に捨てられたらねこママキーポッポ=3💢

そしたらいやもう古い型のビデオカメラが2つも出てくるし、小型だが扇風機もあるしナンダラカンダラの家電品もあるし、息子の幼稚園時代の作品を綴じたものだとかスットコ娘の結婚式のときに提出すりゃよかった的なアルバムも出てくる。
びっくりしたのはPOPライター時代のPOPの版下がごっそりと見つかったことで、てんで忘れておりました。紛失したと思っていたとかいうより、存在そのものを忘れ果てていた。(写真はほんの一部。10数年やっていたのでたくさんある)

持っていてもしょうがないし懐かしいという感情もまるでないし場所塞げではあるし、かといって捨てるのもしのびなく、どうするか考え中。
c0077465_10531813.jpg

[PR]
by nekotamamako323 | 2017-12-12 11:07 | ひゃああああ | Comments(0)

治らないのよ

膀胱炎の薬を5日分処方してもらって全部飲み切って、いったん治ったので安心してスットコ娘の結婚式に出た。

・・・のはいいが、それからまたぞろ「アレ???」という感じになってきて、また5日分を処方してもらった。

「水を沢山飲んで!トイレも我慢しないで!」と繰り返されて、「わかってますがな」と思いつつホントにもう、水中毒になるんじゃないかと思うくらい水をガバガバ飲んだ。ちなみに水も飲み過ぎると死ぬという例もあるんですよ。ご存知でした???

それでまた5日分をしっかりと飲み切ったが、症状は一向に改善されませぬ!

さすがにイヤになってきて、面倒だが4、5年前までかかっていた某市の市立病院に行った。そこでまあ待たされること待たされること、週刊誌を持参していったが1冊だけではどうしようもない。10冊ぐらい持って行きゃよかった。
待ってる間に採尿したり看護師に問診されたりして、やっと診察。尿そのものはきれいで菌も潜血もないという。タンパクも糖も(ー)。

「じゃあなんでこんなに残尿感があるんでしょう」と聞くと、膀胱炎による違和感が残っているんだという。
ふ〜〜〜ん。
「名残り雪」ならぬ「名残り残尿感」ね。

というわけで漢方薬を二週間分処方してもらい、超音波による検査の予約もとって帰宅したら、ダンナの方が先に帰宅してて洗濯物を取り込んでくれておりました。(じいちゃんはデイに行ってて留守)

しかし、誰もいない家にダンナが自分でカギを開けて入るって何年ぶりかしら。笑


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-12-05 17:34 | ひゃああああ | Comments(2)

某クリニックに行った

最近頻尿でさ、トイレ行ってもまたすぐトイレ行きたくなるし、やたらとおなかがしぶってしぶってしんどいから昨日電車とバスを乗り継いでK市の市立病院へ行って来たの。5年ぐらい前まであそこに定期的に通ってたしカルテもまだあるはずだから。そしたら運悪く、予約の患者しか受けつけない日だとかでしかたなくまたバスと電車を乗り継いで帰ってきて、S加駅の向こうにある某クリニックに行ったわけ。

初めての医院だけどGooglでもって場所はわかってたから。で、そこに行ったら時間は11時15分ぐらいだったんだけど受付に言われたの。
「まだあと20人ぐらい待っているので4時頃になりますが」と。もっとも待合室には3人ぐらいしかいなかったんだけど、ネットの病院のレビューでは、「とても丁寧に見てくれて、いい病院」だというのと「ものすごく待ち時間が長い!!」というのと極端だったのはわかっていたので、「これか」と思って「じゃあいったんうちへ帰ってきます」と言って初診票を書いて提出して、受付だけしてもらって帰った。

それからお昼御飯食べたり洗濯物取り込んだりしてたら雨が降ってきたんで、夕方の傘差しチャリはまずいだろうから歩いて早めに行った。早足で歩いて20分くらい。普通の人だったらもっとかかると思うけど、ねこママは大股でガッパガッパと歩くから友達に「早い!」と怒られることがよくあるのね。

でクリニックに着いたらまた受付の人が、「1時間ぐらい遅れます」と申し訳なさそうに言う。ダンナも遅番だから帰りは夜中だし、じいさんは夜は酒とつまみ程度しか口にしないから慌てることもない。「大丈夫ですよ」と言ってソファに腰を下ろした。そっから延々延々と待つこと1時間半。医療関係のパンフレットとうちでとってる読売新聞とあとはスポーツ新聞以外は読むものもないし、尿意はあるし(採尿があるはずだから懸命にこらえてる)ブチキレそうになるのをこらえてぶち切れて、ソファに座ったまんま、
「まだですかあ!💢」と叫んだら、爽やかに「次ですぅ!」と言う。

その「次です」の後がま〜た長いのよ・・・。

ソファはガラガラではあるが、いくつかの部屋から時間をおいて患者が出てきては会計して帰っていくので、ガラガラのようなれども暇してるわけではないらしい。
やっと呼ばれてヨロヨロヘレヘレと診察室に入っていくと、初診票を見ながらあれやこれやの質問があって、CTスキャンを撮りますと言う。え?え?え?どうしたって膀胱炎でしょ?と思うのだが、仕方なく受けて(それがま〜たえらく丁寧というか何度も何度も同じ所をこすりながら調べている。腹の両側をぎゅっと押して痛いかどうかを訊き、次にぱっと放してまた痛いかどうかを聞いてくる。押されると痛いが離されると痛くはありませぬ。


等々あって、今度はレントゲンを撮ります>と言う。なにか病気が隠れているとでもっ!?と言いたかったが疲れてきたのでおとなしく言う通りにしてレントゲン室のベッド(?)に横たわる。でもって先生が来るまでにま〜たえらく長いんですのよ・・・。半分寝てしまった。
やっと来たら、「1回目は5秒、2回目は25秒、息を吸って止めて下さい」とおっしゃる。もうねえ、息を吸うどころか
血でも吸って活力をつけたいくらいくたびれちゃってんですけど。でもって聞こえないから、息を吸って止めるというタイミングがわかんね〜。
それで話し合って、手を上げて合図をしたら息を吸って止める、というのを決めたはいいが、ねこママ肺活量が弱いんで25秒のときは死ぬかと思った、ばれないようにすこ〜〜〜〜しずつ息を漏らしました。(==;)


それからやっと採尿してホッとして待合室に戻り、またグダ〜〜〜〜と待ってやっと呼ばれて、レントゲン写真を見ながら「膵臓はどうの脾臓はどうの胆嚢はどうの肝臓は少し脂肪肝があり腎臓は両方に小さい石がある。これは食事のときに水分を沢山とれば排出されます。あと尿膜はどうのこうの(もはや記憶なし)あって、結局は
膀胱炎
ですと。
すぐ隣りが薬局なのでそこでやっと薬を出してもらったが、いやもう疲れた。他の医院であれば、採尿して「菌があります。膀胱炎です」ですむんだけどねええ。

・・・というような話を近所の同い年の奥さんに語って聞かせ(こんなに息つく間もなく長々と喋ったわけではないですよ)「まあ、いい体験だった」でシメました。

どこが???(==;)

ちなみに薬は5日分をきっちりと飲み切り、治らなかったら再来院、治っても2週間後にまた来てもらって潜血検査をします、と。潜血反応(±)があるのは昔っからだが腎臓に石があるせいかも知れないという。ま〜〜〜た待たされるのかと思うと今から気が滅入りますざます。

[PR]
by nekotamamako323 | 2017-11-16 08:59 | ひゃああああ | Comments(0)

変人?てことはないが。

c0077465_09015138.jpg愛用のショッピングバッグにつけてみる。

・・・う〜〜〜む。なかなか可愛い。
というか悪目立ちし過ぎないか???

まあええわ。笑

ところで結婚式のお祝いなのだが、親はいくらくらい出せばいいのだろう???
ネットで調べると、10〜100万円くらいとあり、さすがに100万は出せね〜よと思っていたら1000万出す親もあるらしい。

そんな狂人(え??)はほっといて、長男が12月に結婚式を挙げるママ友にその話をしたら、「友達のとこはお祝い金は出さない代わりに必要なものを買ってあげたと言ってた」という。
「孫が産まれてもどうせ保育園には入れないし嫁も働かなくちゃだし、子守りさせられるんだからお祝いなんてあげることないよ。友達だって、やれディズニーランドだレイクタウンだと行かされてそのお金は全部出させられて、『私は歩く財布だ』なんて言ってるもんねー」

なんだか話が脱線してる気がするが、要するに親はお祝いなんて出す必要はないってことなのね?そういえば、ねこママ自身も親からは洋ダンスや和ダンスは買ってもらったが、金銭は受け取っていないのを思い出した。

じゃあ、せめて(新婚旅行先)のシンガポールへ行く旅費くらいは出してやろうかと思う、と言うと、「うちのM(末娘)もパスポートとって今度どっか行くらしいよ。ミサイルが飛ぶからダメ!と言ってんだけどさ」とまた脱線。

しまいには、「私は子供の友達の子供に(ややこし)『バーバ』と呼ばせてる」

他人じゃんけ!なんでそんなややこしいことをする。
ねこママ、頭ん中がぐるぐる回っちゃってね〜、もう。なんと返せばいいんだか。まあ気のいい人物には違いないんですけど。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-10-06 09:36 | ひゃああああ | Comments(0)

退職後は

c0077465_09381166.jpg遅番が5日間続き、休みを1日はさんで早番3日目の弁当。

から揚げ入り野菜炒めと皮の代わりに油揚げでタネを巻いて焼いたギョーザ。あとはワカメと枝豆の味ポン和えと、別タッパーにアボガド・細切りチーズ入りサラダ。

なんかもうねえ・・・

弁当作りたくないっすわ

早朝に眼を覚ましてふと思うのは、タイマー掛けの失敗で御飯が炊けてなかったらいいなあ・・・そしたら「ごめん、御飯炊けてなかった。コンビニで弁当買って」と言えるんだけどなあ・・・ということ。

またぞろまじで弁当作りがイヤになってきているねこママです。

たまにはコンビニで買わせろ?
ほしたら、糖質制限中につきお握りひとつに塩ダレの焼き鳥2本、ヒジキの煮物に野菜のサラダといった程度のもんになってしまい、終業までおなかがもちませぬ。

糖分はラカントで補い、御飯以外の炭水化物は出来るだけ抑えるといったねこママの弁当作りは、年金受給年齢に達して退職するまで続きます。
とはいえ、退職したらああもしたいこうもしたい、ああいう旅をしたいこういう旅をしたいと夢を語ると、ダンナは同意してうんうん頷くんですね。

・・・・ちょっと待て。

ついてくるつもりなのか!???

[PR]
by nekotamamako323 | 2017-09-29 10:00 | ひゃああああ | Comments(0)

ダンナのパソコン

スットコ娘ムコのパソコンが壊れて起動出来なくなったとかで、娘が「お父さんが使っている私のパソコン、返して欲しい」と言ってきた。

ダンナが「俺が今使っているからだめ」(自分のじゃないのに)と言ったが、娘ムコは自宅にパソコンがないと会社からパソコン本体を持ち帰って仕事せねばならず不便だという。それまではUSBのみを持ち帰って仕事をしていたらしい。

知らんがな。

と言いたいが、そういうわけにもいかんのでダンナには新しいパソコンを買うことにした。
そうしたら遅い夏休みをとって帰省していたスットコ娘、「パソコンは返さなくてもいいから新しいのを買って〜」とゴネ出した。
「(11月の)結婚式のお祝いにお金を出すからそれで買いな」と言うと、「それはそれ、これはこれ」とゴネまくる。
ダメダメダメダメとダンナと二人で逃げまくりつつ、三人でJOSHINへ新しいパソコンを買いに行った。

ダンナは仕事に必要な表をExcelで作ったり賀状などを制作したりする以外、特に大げさなことには使わないのでお値段お手頃のdynabookにした。すると娘、「自分だったらもっと高いのがいい」と言う。
だ〜か〜ら、お祝いを出すからそれで買えってんだよ。安物で悪かったなよ。💢
と怒ると、またそれとこれとは別だとぬかしやがります。

あくまでも「お祝い金で変え」と突っぱねると、最終的にはムコはんに
「新しいのを買わせようと頑張ったのに丸め込めなかったw」
などとLINEでアホなことを訴えておりました。
ダンゴムシでもあるまいし、丸め込まれてたまりますかよ。

それでもちゃんと設定などしてくれて、古いパソコンを引き取って帰っていったあと、今度はねこママが「ここがわからん、あそこがわからん」とダンナに呼びつけられてはあ〜だらこ〜だら説明しなければなりませぬ。

ダンナが使い慣れた(?)娘のパソコンはパナソニック、新しく買ったやつは東芝、さらにねこママが使用しているのはMacだ。それぞれに仕様が違うので、年のせいかもうこういうめんどくさいことがイヤになってきているねこママには結構こたえます。
ダンナには、「仕事を辞めたら畑などせず、パソコン教室にでも行ってパソコンに詳しくなりなさ〜い!」と厳命しておきました。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-09-09 23:24 | ひゃああああ | Comments(0)

手がかかります

とはいえ、それからケアマネが地域包括支援センターに連絡したり、ばあちゃんのときにお世話になった通所施設「T」へ見学の約束を取り付けたり、契約に関する打ち合わせを設定したり、と短期間で動いてくれたので助かった。

そうして、最後の友達が去年の12月に亡くなってから話し相手がいなくなったじいさんの行き場(?)がひとまず決まったことにホッとしたのか、ねこママは毎日のように起きていた不整脈が、気がつけば落ち着いてきて抗不安薬を飲まずともよくなってきたのに気がついた。

もっと早くにそうすればよかったのにって?
じいさんには何度も施設通所を勧めていたのだが、自分はそう年寄りではないと思い込み、デイに行くような老人とは一線を引いているつもりであったらしく苦笑いするばかりで受付けなかったんですね。
ねこママから見るとじいさんもものすごい年寄りなんだけども、人間の精神というのはそんな老化するものでもないから、まだまだ若いつもりであったらしい。

しかし、今年に入ってからじいさんの日記兼カレンダーをみると、「物忘れ」が増えてそれを気にしていることが書いてある。
自分のつまみにでもするつもりだったのか、茹でた枝豆がかなり入ったパックを買ってそのまま何日も冷蔵庫に入れっぱなしにしていたり、自分で食べるつもりの茹でうどんを放置したままにまた新しく買い込んでいたりする。なくし物も増えてきた。

要冷蔵の食品を常温の棚に置きっぱなしにしていたり、他にもナンダラカンダラ物忘れを繰り返すので注意すると、
「俺じゃない!」
「俺は知らない!」
「買った覚えはない!」

等々反論してくるので面倒くさくなり、よほどのことがない限りは放置することにした。
そんなときにカレンダーの中に物忘れに対する不安が書いてあって、ま、それが要介護・支援の認定審査を申請することになったきっかけです。さすがにじいちゃんも苦笑せず、「申し込んでくれ」とだけ言った。
しかし、認知症ではない。それは確か。要は「年取り過ぎ」。これですよ。

ママ友が「今は通所施設はどこも男性が増えているみたい。前は女性ばかりだったけど」と言うのでケアマネに問い合わせてもらったら、確かにばあちゃんが通っていた頃に比べるとビックリするくらい増えていることを報告してきた。
男性が一番多い曜日を教えてもらい、やっとこさ9月に見学してきます。

やれやれ・・・・
c0077465_16145577.jpg
早番のダンナを送り出したあと、なんだかおなかが空いたので早朝の一人ゴハン。パンに夕べの残りのラタトゥイユとハムとチーズを乗せてオーブンで焼いたもん。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-08-27 08:11 | ひゃああああ | Comments(0)

叔母の遺産

先日亡くなった叔母は昭和8年生まれで、この4月に84歳になっている。その夫である叔父の年は知らないが、ひとつふたつ上だろうと思う。

千葉のイトコが相続のことについて、「Tくんもかなり大変なようなことを言ってたよ」と言ってきた。
Tくんというのはイトコの姉の息子で、新潟の地元で司法書士事務所を開いている。

叔母はねこママの母親の妹だが、これで8人きょうだいのうち4人が亡くなっている。
叔母には子供がいなかったので、残った4人の叔父叔母たちと、亡くなった兄妹の子供達(ねこママを含め)5人が法定相続人ということになる。

つまり遺された叔父はそれら9人分の遺産分割証明書を作成し、各自から署名と実印による押印、印鑑証明書を集めなければならない。さらに、分割証明書は各自が保管しておかなければならないので、その分の枚数も必要になってくる。
こんなことを高齢の叔父が果たして出来るのだろうか。しかもその証明書を提示しなければ、叔母の口座は解約が出来ない。

イトコが、「叔父さんはそういうことを意識していないみたいだし、まわりもなかなか切り出しにくいみたいだよ」と言う。
「まあ、まだ亡くなって間もないことだし、四十九日過ぎたら考えるんじゃないの。Tくんが何とかするでしょ」と言うしかない。

叔母は厚生年金を受給していたらしいが、相続といってもたいした額ではないだろうし、と相続放棄書の書類作成について調べたら・・・

げー、これも面倒くさい。

思わずパソコンをシャットダウンして、その場から逃げたねこママです。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-07-28 11:23 | ひゃああああ | Comments(0)

目からウロコ

小学4年生だか5年生だかのとき、初めてローマ字を習った。

ひらがなでも漢字でもない文字を読み書きするのがなんだか面白かったので、全文がローマ字で書かれた薄い教科書を姉貴から借りて熱心に読んだ。それで、同級生の中では比較的早くスラスラと読めるようになった。

中学に上がってからは英語を習うので、いつとはなしに「ち」は「ti」でなく「chi」となり、「つ」は「tu」でなく「tsu」だということを覚えてそう表記するようになった。
授業でちゃんと教わった記憶はないが、なんとなく覚えてなんとなくそうするようになったという感じ。ローマ字には訓令式とヘボン式があるということも知ったので、本当は訓令式でなくヘボン式で表記するのが正しいのだ、と思い込んでいた。
が、それがどう正しいのかということもよく知らなかった。

なぜこんなことを書くのかというと、先日、小学校へ上がる娘にひらがなの五十音表で字を教えていた父親が、ふと、タ行の「タチツテト」は子音の発音の違いが3通りあるということに気づき、どう違うのかを分析した結果を記した文章を読んだので。

初め、ねこママはよく意味がわからなくて、ややこしいこと書いてるなあと思ったが、タ行をよくよく集中して発音してみると、確かに子音は「タ・テ・ト」「チ」「ツ」と、3通りの発音がある。それが、ヘボン式による
「チ」➡「chi」
「ツ」➡「tsu」
という表記の仕方になるんだ、と今頃になって気づいたわけです。確かにこの方が、アチラの人には発音しやすかろう。

ついでに言語学的に言えば発音の仕方にも名称がついているわけだが、そこまで調べる気はないのでほったらかす。
ただなんというのか、英語を習い始めてから特に疑問も感じずに訓令式からヘボン式にスライドして、こっちのがカッコよく見えるのでそうしていたのが、じつはこういうわけでこういう表記をするようになったのだ(ややこし)、ということが理解出来たので、いやもう腑に落ちたというか目から思いっきりウロコが落ちたねこママさんです。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-06-28 23:22 | ひゃああああ | Comments(0)