タブレットケース完成

c0077465_12211361.jpgタブレットケースやっと完成。
フタを閉めるところをどうしようかと悩んで、数日放っといた。

マジックテープはいくらボンドの量を増やしても接着力が今ひとつで、はがれないようにおそるおそる開け閉めしなくちゃいけない。
マグネットはどうやらボンドでフタにくっつくが、かんじんのひっつけるモノが見当たらん。薄い鉄片でもあればいいのだが、一般家庭にそんなもんあるわけない。

しばらくほっとくことにして、二階のパソコン機器周辺を片づけていたら、ずいぶん前に購入したまま使わずにいたグルーガン(⬅リンクはこちら)が出てきた。お嬢様タレントでモデルの森泉ちゃん(なんだろこの名前。『ブルーシャトウ』か?)がよく使うことで知られるアレですよ。

そのアレを見つけたので使うことにしたら今度はマジックテープがどこへいったかわかんない。あっちだこっちだと探してようやく見つけて、どうやらこうやら接着して完成したのがコチラ。⬆

人形はスットコ息子が小さいときに作ったマスコットで、なんか雑で気に入らないのでうっちゃってたもの。
こうやって取りつけてみると、いやあ、過ぎた昔が懐かしく思い出されて、今目の前にいるむさ苦しいヤツを「あんただれ?」とか言いたくなってしまいます。

ほんとにあの頃の息子は可愛かったですよ、はい。

なんの話だ。


[PR]
by nekotamamako323 | 2016-12-20 12:42 | ハンドメイド | Comments(0)

タブレットケースを作る

c0077465_12142018.jpgタブレットが白いので汚れがつきやすいのは困ると思ったが、ケースごときにお金を使いたくない。段ボールで適当に作ってみたら、糊つきの布地代200円だけですんだ。
やれ嬉しやと思ったが、よく考えるとあたいはビンボーなのよんと言ってるようなもんなので、人に自慢するのはやめようと思いました。

輪ゴムがいっそうのビンボー感を醸し出しているので、また100均に行って今度はマジックテープを買ってきます。開けるたびにバリバリベリベリ音を立てるのでそこがイヤどすが。

しかし、スワロフスキーまみれのケースもなかなかトンマですけどぉ、タブレットごときにケースをつけようってのもどうかと思いますね。

ほんとの金持ちはケースをつける間もなく次々と買い替えるもんだし、第一「○SUS」でなく「○PPLE」を買ってますよ。⬅そうなのか?笑
まあ、使えりゃなんでもいいです。

c0077465_12082334.jpg

[PR]
by nekotamamako323 | 2016-12-15 12:32 | ハンドメイド | Comments(0)

あったか〜〜〜

編み終わった膝掛け(には大きいが、毛布とは違いますやろ)をダンナが布団を敷くときに掛布団と毛布の間に入れてくれた。
いやはやそのあったかいことといったら!!

ねこママは冷え性で、いくら布団にくるまっていても布団がちっとも暖まらないという体質なのであるが、今日は夜中に眼が覚めても明け方に眼を覚ましても、春の日なたの中にいるような、ぬくぬくとした目覚めでした。
こんなあったかい目覚めの朝はどれくらいぶりだろうと思う。笑

とにかくメチャクチャあったかかったです。

羽毛布団ギライの人はいっぺん自分で編んでみたほうがいいっすよ。
大きいのでなかなか大変だけど、心を無にして編めばいつかは編み終わります。ちなみにメリヤス編みでなく鹿の子編みにするのがコツ。よりあったかい気が致します。


[PR]
by nekotamamako323 | 2016-02-17 11:53 | ハンドメイド | Comments(0)

c0077465_15075226.jpg完成したクラッチバッグ。図書館から借りた本を痛めないように入れる。のにいいかも知れない。裏地をつけた方がグニャングニャンしなくてよさそうだが、そこまでする根気がありませんの。(笑)

ところで、ふっと思い出した、高校時代に読んでいつまでも記憶の片隅に残っている詩。
ずっと以前にネットに書いたことがあるような気がするが、ずいぶん昔のことなので、またちょっと載せてみる。
作者は忘れた。いくら検索しても出て来ない。
しかし、遠い昔に確かに読んだ。高校の図書室で。


さようならという言葉まで色あせないうちに
俺はさようならを言っておこう
地上の誰もが使い果たしたことのない
生きた人間の
生きた人間に対するこのうらみのことば

さようなら


何通目かの喪中のハガキが届いたが、小柄で弱々しく、学生服を着てにこにこ笑っていた姿が幻のように思い出されてくる。


[PR]
by nekotamamako323 | 2015-11-09 15:21 | ハンドメイド | Comments(0)

c0077465_18400381.jpg某市の難聴者の会に行き、クリスマスリースの作成。作り方のみ聞いて、あとは自由に自由に。

造花の茎も捨てずに取っといて、ブスブス突き刺します。
葉っぱも余すなく使い、ベルだのステッキだのプレゼントの箱だの「merry christmas」のプレートだとかは邪魔くさいので(え???)つけず、かくてこのような脈絡もないリースに。

まあいいんです。

会の設立者がねこママを知っているというのでビックリしていたら、その昔、手話講習会の初級に参加したとき、一緒に受講していた。らしい。
「よく私のこと覚えていたねえ・・・私は途中で辞めたからみんな忘れてるけど」と半ば呆れていたら、「目立っていたから」だと。思わずねこママ、何かやらかしたかしらとうろたえてしまいました。

他にも、「私は前にS加に住んでいたんだけど、そのときに手話サークルで会ったことなかった?会ったような気がする」と言って来る者もあり、会っておりません

隣りの隣りの市とはいえ、なかなか油断がならないゾ、と思った1日でありました。


[PR]
by nekotamamako323 | 2015-11-08 18:56 | ハンドメイド | Comments(0)

スットコばあちゃん転院

c0077465_221466.jpg名探偵コニャン

服を取り替えようかと思ったが、ズボンの裾を折って半ズボン風にしてみたら、思ったよりいい感じ。
眼鏡は、買ってはみたものの度が合わない100円ショップの老眼鏡。

さて、明日はスットコばあちゃんの退院日。
市立病院の入院期間は二週間が限度なのに、特養病院との折衝などの問題で、結局三週間も入院してしまった。

相変わらずほとんど食事をせず、一日三回の栄養ドリンクでしのいでいる。
これで必要な栄養素はまかなえている、とドクターは言うが、「でも噛まないとダメですよね?」と言うと、渋い顔をして頷き、「噛まないとダメだね」と言う。「でも病院ではもう、食べられるようにすることはできません」。

仕方ないですね。
食べないということは生命力が落ちているということなんだから、自然にあらがってジタバタするのはやめにする。

明日は退院すると同時に、病院が用意してくれる車で特養病院へ移ります。いろいろと本当にお世話になりました。

[PR]
by nekotamamako323 | 2014-10-21 22:36 | ハンドメイド | Comments(9)

服がわからん

c0077465_23495187.jpgさらに毛糸で髪の毛を作り、縫いつけてしまう。着ている服がナンジャタウンのものなので、これも取っ払ってしまいたい。

なんでこんなにも原型を崩そうとするかというと、おそらくねこママ、型にはまったものが苦手なんだと思うのだ。
とはいえディズニーのキャラクターは、キャラが確固とし過ぎていて手の出しようがない。だってドナルドのあの顔、カスタマイズなんてとうてい出来っこないでしょう?

ともかくこのナンジャ、何を着せたらいいのかわからない。なので考え中。

[PR]
by nekotamamako323 | 2014-10-20 00:03 | ハンドメイド | Comments(0)

ゆめちゃんから戴いた猫のぬいぐるみ。バザーでゲットしたものだという。
見たことあるようなキャラクターだと思ったが思い出せない。「ダヤン」にしてはアクが足りない。スットコ娘に写メールしたら、「池袋のナンジャタウンのキャラクター」だと返事が来た。

おお!そうであったか!!
しかしねこママは容赦がないので、勝手に顔をカスタマイズしちまうのであった。笑
そのうち髪の毛をつけたり服を取り替えたりしてどこの何だかわからなくするつもり。

こうやって自分だけのオリジナリティを出しておけば、どんな人形もぬいぐるみも愛着がわいて捨てられなくなるもんなんですけどねえ。
c0077465_9483113.jpgc0077465_9484979.jpg
[PR]
by nekotamamako323 | 2014-10-19 10:01 | ハンドメイド | Comments(0)

もうひとつの人形もカスタマイズ。というか、整形?c0077465_10414196.jpg
c0077465_1042126.jpg














c0077465_10524899.jpgこれをばあちゃんのカバンにこんなふうにつける。なかなかインパクトがあってよろしい。⬅自分で言うんか。笑
しかし、89歳・認知症の年寄りの持ち物としては面白いと思う。ちなみに中身は上履き、おむつなど。

衣類も今まではばあちゃんが自分の好みで買っていたが、代わりにねこママが買うようになってみると、意外ときれいな花模様の服が似合うのに気がついてびっくりする。
あまりに派手な花柄なのでじいちゃんが失笑するが、着せてみるとこれが結構似合うのだね。それはじいちゃんも認めていた。

そういえばスットコ娘と買い物に行って、ねこママに似合う服を選んでもらうと、「なんじゃこりゃ〜っ!誰がこんなの着るか!」みたいな柄を選んでくれたりする。
「お母さんはいつも似合わない似合わないと言って着ないけど、そんなことはないんだよ!」と怒られるが、そういうのはねこママがボケてから着せてちょうだいね。そしたらダイヤがびっしりくっついたドレスでも何でも着ますわ。ホントよ。(^^)

[PR]
by nekotamamako323 | 2014-09-05 11:09 | ハンドメイド | Comments(0)

今、一番お気に入りの人形。いつも手元に置いている。
お茶の水の丸善のところで2体セット500円で買ったものだが、2体ともボンヤリした顔つきで愛着が持てないので、ひとつを自分でカスタマイズした。
ちなみに元の顔は、一番下の赤い服を着ている人形と同じ。
c0077465_21323651.jpgc0077465_21363821.jpg
















c0077465_21381168.jpg赤い服を着たボンヤリさんの方はスットコばあちゃんが通所施設に行くときのカバンにぶら下げている。
新しく買ったこのカバンを、短期記憶が出来なくなっているばあちゃんが
「自分のカバンじゃない!」
と向こうで騒いでも困るので、前からうちにあるこの人形をぶらさげて目印にしている。ボケる前から家にあるものをぶら下げておくことで、ちゃんと自分のカバンだとわかってなかなか有効みたい。

それにしても爪のデコボコ、早く上がりきってくれんかなあ。(苦笑

[PR]
by nekotamamako323 | 2014-08-25 22:05 | ハンドメイド | Comments(0)