カテゴリ:ふんとにもぉッ( 310 )

今日の憤懣

私は貴乃花の「黙して語らず」の姿勢は評価しません。あんなのまわりが疲れる。ダンナも「何も言わないのは頭が悪い」と酷評。「言わなくてもいつかはわかる」と思うのは甘えです。わかってもらえるよう、真摯に語るべき。
落選を覚悟で立候補した、といいますけど、無投票を避けるため、ってよくわからない。無投票当選の何が悪いんですかね。

というふうなことをゆめちゃんからのメールに返信。
寝室の隅っこで毛糸玉をひとつ見つけたので、何を作ろうかと考え中。下の「100枚レターブック」はスットコ娘の支払いでもって購入。中高時代の親友に手紙を書くのに使います。・・・が、使うのがもったいないねえ。笑

c0077465_12245052.jpg

[PR]
by nekotamamako323 | 2018-02-03 12:36 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

閉め出され

c0077465_19481629.jpg家の北側と南側をせっせせっせと雪掻きしたので二三日後には腰痛が起こるかと思っていたが、特に何ごともない。それとももっと後から痛くなってくるのかしら。
だとしたら、すんげ〜老体。笑

雪降りの翌日、とりあえず先に北側を先に雪掻きして、いったんひと休みするつもりで家に入ろうとしたら・・・鍵かけられておる!!!
てことがあった。

ねこママだったら、家にいて玄関の鍵が開いてるのを見つけたら(誰かが外に出たのかな?)と思っていったん外へ出て確認しますけどね???それもせずに一方的に鍵かけて閉め出すってのは何なのだ。怒

というわけでねこママ、その日はベラボーに怒っておりました。

考えると特に怒るほどのことでもないが、最近は、怒るときは怒るようにしております。無理して自分の感情を抑えるのはやめることにしたんです、おらぁ。精神衛生上よくありませんのでね。

マフラー編み終わり。明日はこれを巻いて手話ダンスの講習会に行ってきます。


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-01-27 20:14 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

今日この頃

角界がいろいろとゴチャゴチャしてるので厭になってくる。
挙げ句には池坊のバアサマが、「自分は貴乃花より長く生きている分いろいろなことを経験している。だから(貴乃花は)相談しにきてほしかった」云々のことを喋っていて、ねこママ思わずテレビの画面に向かって

はああああ!?

バカか!!!!

と叫んじゃったもんね〜〜〜。
いったいどこの誰が横綱を務めた身で、こんな年寄りの女に「ボクちゃんね〜〜〜、ホントに困ってんのおおお」なんて言ってくるというんだろ。

ところでねこママ、子供の頃は大鵬の勝ちっぷりは「寄り切り」が多いので、つまんない相撲だといつも思っていた。でも、今なら言える。がっぷりと四つに組んで寄り切るのが本当の強さなんじゃないかと。
張り手だのかち上げだので勝つのは横綱の勝ち方じゃない。相撲は格闘技ではない。番付が上へ行けば行くほど、自分の本当の強さを誇示するには相撲の神髄そのものの勝ち方をしていかなければダメ。

と思いますぅぅぅ。

餃子を作るつもりで挽肉を買っといたのにダンナがあんキモを2パックも戴いてきたので、急遽アンコウの身や白菜白滝などを買いに走って今夜はアンコウ鍋。餃子は少しだけ焼いて、残りは冷凍庫へしばしのサヨウナラ。

c0077465_21455140.jpg

[PR]
by nekotamamako323 | 2018-01-19 22:07 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

松居騒動

ついに(?)松居・船越夫婦の離婚成立。

おめでとうございます。

船越さんはやっと奥さんから解き放たれ、松居さんにいたっては大好きな大好きな財産を手に入れることが出来た。
これ以上おめでたいことがあろうか。

船越さんはこれに懲りて今度こそちゃんと自分に合った女性を見つければいいし、松居さんは大事な大事な財産に囲まれて、高笑いで暮らせばいい。だから母親の電話ぐらいで、いい年こいて泣くな、みっともない。

完全に男(船越さん)に見放された。

最初からすぐにそうと理解して、速やかに動いていれば船越さんを貶めることに成功していたし、やれ「アタマおかしい」だの「パーソナリティ障害」だのとさんざん悪口書かれずにすんだし、むしろ「潔い」「女の中の女」と称えられていたかもしれないのに。

とにかくいろいろと気持ち悪い女でしたな〜


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-12-17 21:16 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

ダンナと喧嘩

ゆうべ、つまんないことでダンナと喧嘩。ダンナが二階に引き上げてからもメールで喧嘩。
「もうメールしてくんな」と言うので、「しね〜よ💢」と返事したらまた「してるじゃないかよ」と言ってくる。

大人げないので無視してスットコ娘にLINEでダンナの悪口をやれ「包容力がゼロ」だの「あっても狭くて岩のように堅い」だの
「太川陽介を見習え」
だのと述べたてて就寝。
いえ、ねこママ「誰が見ても黒だ」なんてことはやってないですけどね。(^^;)

とにかく「もう弁当作らない!朝ごはんも作らない!私が寝てても起こすな!!」とダンナに言い捨ててはあるが、毎月給料を運んでくるのであれば、最低限それくらいのことはする義務があるからね。結局は作るしかない。あ〜めんどくさ。

なので今朝はなんと四時に起きた。いくらも寝てない気はするが、最低限の弁当は作らねばならぬ。
誰が作るかあのヤローとは思うし、喧嘩を理由にふてくされて何もしない知人の奥さんをうらやましいとは思うし、いろいろと思いは乱れるが根っこは優しい(?)ねこママなので結局は作っているんですね。やな性分だ。笑

話違い、たまには目先の変わった本を読まねばならぬという気になって借りた本。「安達ヶ原の鬼婆」のページで思い出した。
昔POPライターをしていた頃、「一般食品部」に二本松の出身だという男性主任がいて、鬼婆が住んでいた岩屋が生家の近くにあったこと、鬼婆が使っていたとされる包丁や食器が岩屋に残されていることなどを話していたっけ。

Mさん、お元気ですかーーーッ?
ダーーーーーーーーッ!!
何が言いたい。笑
c0077465_09192577.jpg

[PR]
by nekotamamako323 | 2017-12-16 09:48 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

糖質制限

c0077465_14404219.jpgスットコじいちゃんの好物なので、蕗が出回る頃になると作る炒め煮。

先日作ったときは薄味になったので、今回は味をやや強めにした。これがまたゴハンのおかずにぴったりで、も〜、あとを引きますの〜。(≧∇≦)←?

薄味で煮るのも悪くないが、老人施設の食事で物足りないのは意外とそれだったりする、とそういえば本に書いてあった。
塩分が少な過ぎるとかえって体の具合が悪くなったりするので、ねこママが入所のアカツキにはややしょっぱめのおかずを一品つけてほしいものだ。

さて昨日は糖尿のダンナの定期検診。ヘモグロビンも血糖値も下がり安定している。
糖質制限食の生活は気を使うことが多くいろいろと厄介ではあるが、成果が目に見えるのは嬉しい。なに、つい油断して一ヶ月後にはまたカクン↗、と数値が上がっちゃったりするんですけどね。

腹が立つのは、同じようなものを食べてるのにねこママがちっとも痩せないことですねん。
(💢`皿´💢)

おやつか?

おやつ食うのが悪いのか???

[PR]
by nekotamamako323 | 2017-12-02 14:47 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

年賀状

今年も年賀状を書くシーズンになった。

先日のスレに書いたように今年はむやみに喪中のハガキが届いた。
なのでスットコじいちゃんの分はいつになく少ない。

知り合った人やたらに年賀状を書くので、「いい加減にすれば!」と怒ってばかりいた昔が嘘みたい。
どれだけ書かなくてもいい相手に書いていたかというと、まず、
同郷の年下の友人の息子の上司
なんてのにまで出す。
たまたま郷土の会でたまたま顔を合わせてたまたま名刺をもらった、というそれだけで、
同郷の年下の友人の息子の上司
なんぞに毎年毎年年賀状を出すのだから恐れ入ります。

もちろん、顔を合わせたのはその郷土会のときの一回きりで、電話も手紙のやり取りもしていない。一期一会とはいうものの、仕事も違うし環境も違うし年齢も違うし交流も一切ない。そんなのに出してもしょうがなかろうに、と毎年思っていた。

これは数年前に、相手の方から「高齢につき年賀状はご遠慮させて戴きます」という印刷の挨拶状が来て、それきりになった。
高齢といってもじいさんよりは結構年下で当時70代後半だったと思うが、元々の職業柄から多数の年賀状を用意せねばならずしんどくなったということもあるのだろう。

「こういう年齢の人から年賀状を廃止するようになるんだから、じいさんもいい加減に減らした方がいいんじゃないの」と苦言を呈したが、ぜんぜんいうこと聞きゃしませんの。でもって、亡くなったばあちゃんの叔母の養子の子供(ねこママと同い年だというのは知っているが顔も見たことない)なんてのにまで出す。
「ばあさんが書かないから俺が書くんだ」というようなことを言っていたことがあったが、ばあちゃんのその叔母もとうに亡くなり、ばあちゃんも亡くなったとなればそこで終わりにしたらいいのである。

が、いっかな終わりにしようとしない。あまつさえ、新潟にいた頃の「寄り合い」のグループにまで出す。「寄り合い」というのは、いわゆる「隣組」ですねん。もちろん親戚でも何でもなくただの他人である。新潟を出て何年になるってんだよ、いったい。

さすがにねこママもちゃんと話をせねばという気になって、「じいさんが亡くなった場合、うちは『寄り合い』の家とはもう無関係だからね?」と念を押すと、「それは構わないが、K家とのやり取りは続けてくれという。
「なんで???親戚でもなんでもないのに何で???じいさんの友達でもないのになんで???」
と脳内「?」だらけにして聞いたら、死んだばあちゃんの弟嫁の実家だからですってさ。

いい加減にシロ!

血の繋がった叔母の実家ならねこママの祖父母の家だってことになるが、義理の叔母の実家になんでねこママが年賀状を書き続けにゃあかんのよ。と、またもや怒ったねこママです・・・。

やれやれだああああああ。

[PR]
by nekotamamako323 | 2017-11-30 22:04 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

不可解

昨日の朝、スットコ息子がいきなりやってきた。
ありあわせのもんで朝食をとらせたら、その後にねこママの布団にもぐり込んでそのまんま寝てしまった。

午後の二時半に叩き起こして簡単にサンドイッチを食べさせ、仕事に送り出す。その際に夕飯(休憩)を食べにまた帰ってくるかどうかと聞くと、「雨が降ってるから仕事先で済ませる」と言う。
だから夕飯はいらない。仕事が終わったらそのまま(チャリで30分ほどの所にある)アパートに帰る、と言うので「了解」と送り出した。「ただし、雨が強くなるようだったらうちへ泊まりなさい」

少しして息子から「仏壇のところのコンセントに充電器置いてきたから、仕事終わったら取りに行くから玄関に置いといて」とLINEがきて、そのとおりにした。

ダンナにも、「D(息子)が仕事終わったら充電器を取りにくるから玄関のチェーンかけないでね。雨が強かったら泊まるかもしれないし」とも言っておいた。もっとも、最近は雨が多いので仕事が終わった夜中に不意にやってくることがちょくちょくあり、最近はねこママとダンナの暗黙の了解でカギ(ふたつついている)はかけるがチェーンはかけないようになっている。
じいさんにも念のため「いつDが寄るかわかんないからチェーンかけないでね」とは言ってある。

それで、今朝4時半に起きて玄関へ行ってみたら充電器はそのままあるし、鍋の中の肉じゃがも食べた気配がない。
「ありゃ???」とLINEを確認すると00時29分付で「チェーンがかかってて入れなかったから帰る」とある。
するとダンナが洗面所から出てきて、「夜中に玄関でガチャガチャ音がするから降りてったらチェーンがかかってたじゃないかよ」と文句を言う。「だからそのときに外しておいたんだ」

はあ???

ねこママは寝る前に玄関へ行って、確かにチェーンがかかってないのを確認してから寝ましたが???
じゃあ、息子は入れないので諦めて充電器も取り返せず夜の雨の中を隣りの市までチャリで帰ったわけですかい。
「そんときにメールして呼び返せばよかったじゃないのよ」と文句を言ったが、そんなことしたら今度はダンナが早朝起床の早番なのに眠れなくなりますねん。

早番のダンナを送り出したあと起きてきたじいさんに「チェーンはかけたらだめだよ」と文句を言ったら、「俺じゃない!俺は知らない!!」と怒り出す。
そんなこと言うたかて、時系列で言うと一番怪しいのはじいさまなんだけど?その時間帯に必ずトイレ起きてるじゃん」と言っても、「俺じゃない!俺は足が悪いから玄関へ降りるのにも壁伝いで降りているんだ!」と言う。

だから?その割には新聞を取りに行ったり宅配便を受け取るために玄関へ降りたりしてますけどね。

午後8時過ぎ・・・じいさん就寝
午後8時半・・・ダンナ就寝
時間不明・・・じいさんトイレ
午後10時40分・・・ねこママ就寝(チェーン確認済み)

午前12時29分・・・息子から「入れないからアパートに帰る」とLINE。ねこママ就寝中で気づかず。
その時間帯・・・ダンナ、玄関の物音に気づいて降りていき、チェーンがかかっているのに気づいて外すが、息子の姿はすでに見当たらず。

時系列でみるとこんな具合⬆だが、「>」のところでじいさんは再度トイレに起きてくることがほとんどだ。
ダンナの帰宅時間の関係でねこママは午前1時まで起きていることもよくあるが、じいさんは布団に入ってから、ねこママがまだ起きている間に必ずといっていいほど、2回はトイレに起きてくる。3回のときもある。「さっき起きたばっかりじゃないの!」と言いたいくらい間隔が詰まってますねん。

なので、じいさんが「>」のところでトイレに行かず、朝までぐっすり寝ていたはずがない。ことに昨日から夕べにかけてはメッチャ寒かったしね。
ねこママはねこママで寝る前に玄関の電気をつけて、カギはふたつともかかっているがチェーンはかかっていないのを確かに確認して布団に入った。

ダンナはダンナで「俺が物音で降りてったときはチェーンかかってたよ。だからまた外しておいたんだ」と言う。

さて、ねこママが寝てから息子が仕事終わってうちへ寄るまでの間にチェーンをかけやがった犯人(?)は誰でしょう。
ちなみにばあちゃんのパールのネックレス紛失事件のことがあるので、ねこママは今イチじいさんを信用できないんだな〜〜。笑
93歳だし、やっぱり少しずつ脳が衰えておかしくなってきているところはあると思っているし。しかし、じいさんでないのならまったくもって不可解というしかない。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-10-20 14:07 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

ゴリラの話

またぞろスットコ息子が来襲して、「今は表情8コでスタンプが作れるから作れ」と言ってiPadをつきつける。

なんでそんなに作らせたいねん。
だいぶ以前、いくつか描いてみたら「古い」とぬかしよったじゃないの。

しかしまあ、今は高齢者もスタンプを作って楽しむ時代だし、絵柄の古さはねこママよりはるかに上だったりする・・・のではなかろうか。知らんけど。笑

息子が出勤して行ったあとプレバトを見ていると、スットコ娘も同じのを見ているらしく、「せんちゃん(千賀健永くんね)かわいい。かわいいゴリラ」とLINEが来た。
それで、

 岡□准一・・・きれいなゴリラ(有吉くんが言った)
 千賀健永・・・かわいいゴリラ
 昭□・・・イモいゴリラ
 ガッツ□松・・・普通にゴリラ
 ジ□ー大西・・・汚いゴリラ
 大久保□代子・・・オシャレなゴリラ
 FUJIWARA原□・・・ゴリラinゴリラ
 シャ□ーニ・・・ゴリラofゴリラズ(おっと、これは□で隠す必要はなかった)

等々やってて、あまりにレベルの低い会話で我ながらバカバカしくなりました。ねこママの精神年齢、中学生ぐらいです。

更に今朝になって、
「シャバーニの眼って白眼みたいのがあるんだよね。普通、動物は視線の動きで敵に居場所を悟られやすいから白眼花井もんだけど、シャバーニは白眼があるっぽいからそこが人間くさくてイケメンに見えるのかも」
「追伸 ミステーク。白眼花井➡白眼はない
なんだ、この誤変換💢。そもそも何が悲しくてゴリラの話をせねばならぬ」と娘にLINE。


自分やがな。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-10-13 12:46 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

政界ごちゃごちゃ

ちょっと写りが悪く曲がっているが、ネットで見つけた漢字のナンクロ。
なんプレイス6×6c0077465_09394792.jpg(⬅リンクはこちら)
(表示に時間がかかる場合があります)

レベル1〜30まであり、始めたばかりでも1分台で解けます。早い人は1分もかからないと思うが、まだ始めたばかりで慣れていないので、そこまではちょっとなあ。

漢字をじっと見つめているとゲシュタルト崩壊を起こしそうになるが、それも脳を刺激して脳トレになるような・・・気はしない。笑

それにしても、小池サンはどこへどう向かっているのだろう。
民進党の大物議員達をバッサバッサと切り捨てて、結局はしょうもない者ばかりが揃ったデクノボー党になっちゃわないかしら。

まあ、あの方は自分と対立するとわかっている議員達は入れたくないってだけなんでしょうね。なんせねこママは小池サンって人を信用していないから。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-10-02 09:58 | ふんとにもぉッ | Comments(0)