カテゴリ:ふんとにもぉッ( 300 )

ゴーヤー続き

c0077465_11082935.jpgナニコレ気持ち悪・・・と思わないように。笑

いつも醤油と酒と砂糖で煮ている砂肝を今回は味噌に込みにしてみただけである。
生姜もたっぷりニンニクもたっぷり、おまけにゴーヤーも少しだが入っている。

ゴーヤーは終わりだろう、と先日書いたが、また2本ゴロンと流しの横ちょに置いてあった(💢)。
それで、チリメンジャコやシメジと一緒に佃煮にするついでに少し取り分けて、隣で煮ている砂肝味噌煮込みの鍋に放り込んだというわけ。

「ゴーヤーもうこれで終わりだよねッ!?」と今度こそきちんと確認しようかと思うが、最近のねこママ、そんなことが面倒くさくて億劫なんですねん。
と言いながら、夜遅くに佃煮と煮込みを作っているあたりで何が面倒なのかとは思うが…。

たぶんねこママ、「諦め」ちゃってるんだろう。そんなことでカリカリするエネルギーがもったいないというか、もっとよそに向けた方がいいという心境である。
もっと別の言い方をすると、カリカリするとまたぞろ不整脈が起こるからだ。

だから「もう(好きでも何でもない苦いばっかりの)ゴーヤーはもう採ってこなくていい!!」と怒って具合が悪くなるぐらいなら、黙って調理するしかないわけ。いきなり心臓が止まっても困るしね。
包括支援センターのSさんが、「今は大変でもいずれだんだんと・・・」と言いかけるのを遮って、「93ですよ?もはや『いずれは』もへったくれもないっ」とプチ切れしちゃったねこママさんです。(^^;

ちなみにダンナに、「退職したら何をやりたいか」と聞いたら、

畑をやりたいんだとッ!!

思わず、

ゆるさぁんッ!!!

と怒鳴ってしまいますた・・・・・。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-09-05 11:43 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

c0077465_15133972.jpgこの夏、じいさんが作るゴーヤーはこれで終わりかもしれない。

卵と油揚げ、トマトなどをたっぷりといれたチャンプルーはダンナが最後には手もつけなくなったので、終了というのはねこママとしても助かる。ねこママもとにかく飽きてウンザリなので。

今日はその最後と思われる痩せたゴーヤーを2本使って佃煮を作った。
大量のちりめんじゃこも入れて煮上げ、カツブシと胡麻を混ぜ込んでおしまい。砂糖やみりんを使わず糖質ゼロの酒とラカントで甘みをつけている。

「ゴーヤーは人にあげると喜ばれる」とじいさんは言うが、だったら毎日毎日同じ人にあげてみたらいい。だんだんと反応が変わってくるのがわかるはず。何よりも相手の奥さんがいい顔をしなくなるだろうと思うのだ。
念のためググってみたら、家庭菜園のお裾分けが迷惑だというのが沢山出ており、は〜〜〜、いずこも同じか・・・とため息をついてしまった。

以前は6人家族だった我が家、現在は3人暮らしである。
ダンナは軽い糖尿なので芋類や根菜は控えないといけない。玉ねぎも甘みがあるため大量には使えない。じいさんは高齢のため、自分が作った野菜でさえ少量しか食べない。ねこママだとて大食いなわけではない。
そんな我が家に毎日毎日野菜を収穫して持ち込んでこられるのは、正直今年で終わりにして欲しい!と思うのだ。

せめて(週1回に過ぎないが)デイに行くようになって、菜園のことから次第に離れていってほしいなと強く思う昨今。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-08-31 15:38 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

阿蘇山大噴火

c0077465_14101113.jpg市役所からスットコじいちゃんの要介護認定・要支援認定等結果通知書というのが届いた。その結果・・・

まさかの!

要支援1!!

なんじゃごるぁぁぁぁ!!!

ママ友が「(調査員の前では)もう少し演技させないとね」と笑ったが、演技するも何も・・・じいさんは正直なのでそんなことは出来ない。ただ「出来ないことを出来ると調査員には言うな」、と言うしかなかったんですだよ。

とりあえず不服の申し立てをしようかと思ったが、かなり面倒くさそうなのでやめた。
しかし、要支援1じゃ介護保険を使っての施設通所は週に1回しか出来ないじゃないですか。こんなことなら意見書を作ってもらいに行きつけの病院へ行った際、医者に「認知症はありませんか?」と聞かれたときに
「だいぶボケてま〜す!!」
と言っとけばよかった。

いや、思わず言おうと思ったんですよ。
だけどすぐ目の前にじいさんがいるのに、そんなありもしないことを捏造するわけにいかないでしょう。
「何を言う!俺のどこがボケている!」なんて反撃されたら、狭い診察室で喧嘩になりまっせ。

とりあえず来週は地域包括支援センターから1名と、あと、ばあさんの時からお世話になっているケアマネさんが打ち合わせに来てくれます・・・。
は〜〜〜〜あ。
93歳という超高齢を考慮して欲しかったなああ。
せめて週に3日はデイに行って欲しかったなあああああ。
毎日毎日毎日毎日、朝から晩までじいさんと顔を突き合わせてゴハン作るのはホントにいやんなっちゃうんだよぉぉぉぉん。

と、今日は何から何まで嘆き節の内容になりました。とさ。
<イラストはネットで面白い顔の男性の写真を見つけたので思わずノートをひっちゃぶいて描いてみました。ま、今のねこママの心境にかなり近いざます>

[PR]
by nekotamamako323 | 2017-08-24 22:07 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

詐欺にご注意

c0077465_14494004.jpg図書館から帰宅したら、ねこママ宛てに届いていたハガキ。➡

さっぱり身に覚えがないので、書面にある「法務省管轄支局 民事訴訟管理センター」の番地をググったら、丁目と番地は省庁は省庁でも財務省関連の建物であって、法務局と関係がない。

でもって「号」にあたる地域がヒットしないので警察で確認してもらったら、「架空請求詐欺なので決して電話しないで下さい」とのことだった。

図書館から汗みずくで帰って、警察からまた汗みずくで帰って、と今日は風もあって比較的涼しいはずなのに頭からビショビショです。

やれやれもう。💢

まあそんなわけなので、皆さんもくれぐれもご注意下さい。



[PR]
by nekotamamako323 | 2017-07-24 15:04 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

今日は三連休の最後の日

c0077465_10201422.jpg昨日、早く帰宅したダンナが「焼き鳥が食べたい」と言うので、駅近くのローソンまで買いにいった。ついでに雑誌コーナーに立ち寄って、購入したのがコチラ。

こわ・・・

ねこママは柄にもなくというか柄に合ってるというか、恐竜が好きなんですね。夏休みになると、子供らを恐竜展だとか恐竜博だとかに連れていったのを思い出す。

入場料がたっかい割にはきわめてチンケなろくでもない展示場もあったりして、そのときはさすがに「市か県か都のちゃんとした建造物を使用して行なわれるものでない限りは詐欺だと思え」ということを学んだ。笑

本の画像をスットコ娘にLINEしたら、「なつかし〜〜い!!!」という返事が来た。
そういうご本人は三連休なのにうちへも来ずどこで何をしてござる?と思ったら、フ〜フでみなとみらいの温泉行ってんですって。

うちは昨日も今日も早番で、4時半起きで弁当作っておりますた!
なんてステキな三連休!!
⬅ヤケクソ。笑

8月の連休に帰るね〜〜〜と言うが、ほんっとに部屋の荷物をなんとかしなさいよアンタ!
食っちゃ寝食っちゃ寝するつもりで来るのは百年早いわ、ホンマに。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-07-17 10:38 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

松居サンのこと

ダンナが遅番で帰宅も遅かったので、ねこママが布団に入って寝ついたのが午前1時半。こうなるともう、早起きしてじい様の朝食なんて作ってられない。
御飯はタイマーで炊けているし、冷蔵庫には卵も納豆も梅干しも揚げ出し豆腐もある。インスタントだが味噌汁も吸い物も松茸スープもある。要は、知ったこっちゃないから自分で勝手に食っててくれってことです。
あ、ちなみにパンもバターもジャムもありますよ。

そんなわけで早起きを拒否してしっかりと寝て起きたら、テレビは松居サンの動画など映していて、朝から気分悪くてけったくそ悪い。
チャンネルをあれこれザッピングするが、どの局も松居サンのことばかり。NHKを見ることにする。

なんかもう、弁護士も雇わずネットを駆使して被害者ヅラしてあることないこと誹謗中傷悪口の垂れ流し、このヒト頭がおかしいんだなと思う。優しい面もあるかと思えばやることなすこと激しくて、精神のバランスがシーソーみたいに極端。
前はそんな嫌いでもなかったが、今は顔見ただけでゲッとなってチャンネル変えてます。

・・・という人々がどんどん増えてくるのではなかろうか。

まあ、松居サンは勝手に自縄自縛してって最後は孤独になって下さいね。としか言いようがない。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-07-13 13:34 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

片づかぬ!

スットコ娘の部屋がいまだに片づかぬ。

理由をよくよく考えると、ねこママは明らかに「いらない(と思われる)もの」をゴミ袋に放り込んではいるが、「いるかいらないのか皆目わかりませぬ」といったものをそのままにしているからなんですね。
なので、部屋はそのいるかいらないのかわからんモノで満ちあふれ、収集がつかなくなっている。
本来は娘が全部やるべきことなんだが、休日は次々と予定が入り、たまに顔を出せば出したで寝てばかりいる。

この役立たず。

今日はとにかくいるもんだろうがいらないもんだろうがゴミ袋にありったけをポイポイポイポイ詰め込み、息子の部屋に全部押し込めて掃除します。
写真は捨てるにしのびないちっちゃな縫いぐるみたち。ネットに入れて洗濯機に放り込み、乾いたそれをダンナのおもちゃ箱に並べておきました。

c0077465_13414905.jpg

[PR]
by nekotamamako323 | 2017-07-04 13:52 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

イラッとした

火曜日なので行きつけのスーパーが野菜の安売りをやっている。
なので土曜日曜に負けず劣らず混んでいた。
それでもそこらをうろちょろする子供の数が非常に少ない分、買い物はしやすい。

カートを押して歩きながら買う物をあれこれ物色して、必要な物をカゴに入れつつ歩いていたら、精肉売り場の通路で70代ぐらいの女性が二人立ち話をしているのに遭遇した。1人は陳列棚に背を向ける位置で立ち、もう1人はそれに対して直角みたいな立ち位置で並んで立っているので、二人で通路の半分以上を占めている。
それでもカートは通れるので何気なく通ってそのまま鮮魚売り場に行って刺身を2パック買った。それから買い忘れはないかともう一度店内をぐるりと回りながら物色して、また精肉売り場にさしかかったら、まだ立ち話をしている。

のはいいが、混んで来ているので、二人のオバさんのために通路の半分以上を塞がれているスペースをカートの客がまるで一方通行のように、向こうから来る客をやり過ごして次は自分が通る、というやり方で通っているのであった。
それでねこママはイラッとしてしまい、オバさん(で十分。どう見ても70はとっくに越えている)の1人の肩をポンポンと叩いて、びっくりしているその顔に

「お喋りするんなら端っこへ寄って下さい。邪魔!!

と吐き捨てて通った。
後ろからも客は次々と通るのでさすがにオバさんも少しは自分のやっていることに気づいただろうと思うのだが、ひと通り見てまわってからレジに行ったのであとは知らん。

ねこママも子供が幼稚園時代とか小学校時代のときのママ友にスーパーで会って話し込んでしまうことは確かにあるが、買い物客の邪魔にならないスペースに移動することも多々ある。くれぐれも通路の半分以上(しつこい。笑)を塞いで気にしないオババにはならないようにせねば、と思う今日この頃だ。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-06-07 13:02 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

部屋が片づかない

息子が出て行って少しは楽になったが、もともとあまり家に居つかず食事の支度と洗い物をする以外には特に手もかからなかったので、今までとたいして変わらないような気がする。笑
ともかく今はダンナとじいさんとの3人暮らし。部屋も息子と娘のがポカンポカンと空いて、風通しがよくなった。

しかし、何ぶん二人の荷物がまだたくさん残っているので、全部を処分するのにまだまだ時間がかかりそうだ。悪くすると、ただの荷物置き場になってしまう気配が濃厚。

やれやれ。

と、ここまで書いて、自分が結婚して家を出て行ったとき、自分が残していった荷物は実家でどういう扱いになっていただろうかと思い起こしてみた。
スットコ娘みたいにゴチャゴチャした余計な雑貨は持たなかったし、衣類は不要品以外はすべて持って出た。はず。笑
本は沢山あったのでそれらは残していったが、元からいるものといらないものに仕分けては古本屋に引き取ってもらっていた。なので、残しておいて迷惑なほどの数はなかった。はず。笑

ベッドは近所のTさんが「もらいたい」と言うので引き渡し、ついでに弾かなくなったギターも引き取ってくれたので助かった。
なによりねこママは娘みたいにごちゃごちゃと服も買わずバッグも買わず、本以外に余計なものを持たない暮らしをしていたので、部屋はいつも片づいていてシンプルなもんでした。
ところが娘の部屋ときたら、泊まりがけで来て片づけものをしても、ほとんど片づいてる感じがしない。

帰ったあとは足の踏み場はあるが、娘がいないとうかつに捨てることもできないので残りのそれの何をどうすりゃいいんだかわかりませんの。
「片づけに来なさい」と促しても、やれ銀行時代の友達とゴハン行くだやら後輩と会うだやら先輩と飲むだやら大学時代の友達と飲み会だやら料理教室行くだやらジム行くだやらでなかなか来ないし、どうしようもねえんです。
ダンナは「向こうにも都合があるんだからしょうがないだろ」と言うのだが、じゃあねこママにむかって

いい加減に部屋を片づけろ

とは死んでも言うな。

でもってやっと娘が泊まりがけで来たら来たで一日中ゴロゴロゴロゴロしていて、やっとこさ「部屋を片づける」と言って二階に行ったままいつまでも下りて来ないから、少しは片づいたのかと思って覗くとベッドで爆睡中だし。

まあ、足の踏み場が少し増えただけよしとしよう。
と楽観しなきゃやってらんね〜この頃ですわ。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-05-28 14:42 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

今村雅弘復興相の辞任

もしも大震災が東北でなく首都圏を襲っていたら、被害はもっともっと甚大なものになっていた。

というのは誰でもが思うことである。
しかし、だからと「東北でよかった」という発言につなげることは、通常の人ならまずしない。
それをあえてやっちゃうということは、どんだけ政治家としてトークがヘタクソなのかということだ。

中学時代の同級生によれば、当時から「思っていることをきちんと言葉で言い表すのが苦手」だったということだが、自分のそういう欠点を顧みないままに政治家になっちゃうというのはどうかと思う。
「巧言令色」な政治家も困り者だが、思っていることとは裏腹の、物議をかもすような発言になりがちな政治家はもっと困る。他の政治家も似たり寄ったりで誰がなっても同じだろう、という不信感を民衆に植え付けてしまうからだ。

とにかく、思ったこと、考えていることなどを正しく国民に伝えるための言葉を惜しまない政治家が望まれる。そういう能力を持たない人物を要職につけるもんじゃない。


[PR]
by nekotamamako323 | 2017-04-27 13:38 | ふんとにもぉッ | Comments(0)