人気ブログランキング |

ねこたさんのごった煮日和 nekotamano.exblog.jp

思うことをありのままに書きつづっています。


by nekotamamako323
更新通知を受け取る

徐々に治ってきた

やっと花粉症も風邪も抜けてきたので、気晴らしに綾瀬川沿いの道をサイクリングしてきた。
c0077465_21082426.jpg
桜が満開のときに行きたかったが、鼻水がものすごくてティッシュを2日で3箱くらい空けるような状態だったので今年の桜はあきらめた。
葛西用水の花筏がニュースになっていたときも行こうかと思ったがこれも断念。ティッシュの箱を抱えて花見に行くわけにもいかぬ。

それにしても今年の春はしんどかった。
鼻の奥が絶えずムズムズムズムズしていて、いやほんとにもうやってらんなかったです。のべつまくなしクシャミは出るわ鼻水は飛ぶわ、もうブッ倒れそう。

友達が昔っから花粉症で、5月の花見には行けるのか?とねこママが心配していたら、「その頃には収まっているから大丈夫。行ける!」と言う。が、ねこママの場合、一年中鼻水が止まらないんじゃないかと本気で危惧したくらい。

それぐらい今年はびどがっだれずよ〜。⬅鼻水声

しかし、ねこママも同じように徐々に治ってきて、どうやらこうやらランチも花見も行けそう。ふんっとにもう、やれやれである。

ヨーグルトとヤクルトとバナナを毎日食べると花粉症を発症せずにすむとネットで読んだので、半信半疑ながら来年は年明けとともに実行しようかと思う。なに、その頃にはそのことを忘れ果てているんだけどさ〜。


# by nekotamamako323 | 2019-04-19 21:36 | ふんとにもぉッ | Comments(1)

福沢諭吉の「脱亜論」

左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》(『時事新報』明治三十年十月七日)

そんな昔っからそういった気質の国であるのに、日本は何をいつまで彼の国に振り回されねばあかんのだろう。人々、というよか国を挙げてのDNAで国体を成しているのだから、約束の履行とか誠実さとかを期待するだけすっごい無駄。

・・・と、今さらながら納得している。


# by nekotamamako323 | 2019-04-18 12:25 | う~~~~む | Comments(0)

夕暮れ

夕暮れの時はよい時
かぎりなくやさしいひと時

という詩があったなあ・・・とふと思う風景。日本人はなぜ夕暮れが好きなのだろう。
そんな夕暮れを背景に、梅の木は凛として明日への力をためている。

c0077465_10421600.jpg

# by nekotamamako323 | 2019-04-18 10:52 | なし | Comments(0)

「お金を貸して下さい」

梅の木がいくつも実をつけてきていて、今年もかなり収穫できそうだ。といって梅干しを作るかというとまだわからない。

c0077465_11371310.jpg
昨日はじいさんのところへ行ってきた。

相変わらず自力で体を起こせず、また口から物を食べられないので栄養補給の点滴につながれており、かつオムツを使用している。
それでも三人のリハビリ士があれこれやってくれているので昼食のヨーグルトは食堂でとるようになり、簡単ではあるがゲームにも参加しているという。ただどういうものかしきりにこっちの経済状況など気にして、厚生年金は入っているのかどうかを聞いてくる。

ダンナも息子も娘もちゃんと年金を払っているので心配はいらないこと(実際は今の若いモンは年金をもらえない可能性があり、『払いたくない』『払うくらいならその分貯金したい』とこぼす者も多いんだけど、そんな余計な情報は言わぬ)、娘のダンナくんはスキルを生かして外資系の大きな会社に移って収入が増えることなど話し、「心配しなくてもいいよ」と言うと黙って頷いている。

「(スットコ娘に)子供ができて引っ越すことになったら俺の金から費用を出してやってくれ」とじいさんは言うが、娘はまず受け取らんだろうしムコくんもそこまで恩恵を受ける気はないだろう。男だからね。
でもまあ、じいさんもこういう状態になってもいつまでも家長のような心持ちでいるのだなあ、とそこは感銘を受けた。

そういえば昔読んだ漫画で、
借金ばかり言ってくる娘婿の行状に困り果てた金持ちの老人が死の床に臥せっている。今際のときにやっと心を改めた婿が枕元で泣いて詫び、真面目に働いてなんの心配もなくなったが老人はますます元気がなくなり衰えもひどくなってくる。
婿はどうしたらいいのかと悩み、アドバイスを受けて死の床にある老人にむかい、いつものように「お金を貸して下さい!」と叫ぶ。
老人はそれを聞いて満足したようににっこり笑って静かに息を引き取る。


というのがあった。それをなんとなく思い出して、じいさんも本音は頼ってほしいのかなあ・・・とそんなことを思ったりしている。

※赤字の部分、記憶を頼りに加筆修正しています。


# by nekotamamako323 | 2019-04-16 12:15 | う~~~~む | Comments(0)

誕プレは???

コカコーラボトラーズの株を少しだが持っているスットコ息子が自分のポイントをねこママにくれて、「好きなのを頼んでいいよ」と言う。それで選んで注文して、今日届いたのがこれなのだが・・・

まさか、これがねこママへの誕プレだとか???(◉@◉;)
なんか不満ではあるけど、何もないよりはまあいいか。と思うことにする。笑

ちなみに娘からの誕プレは娘の入院騒ぎのせいでまだもらっていない。さりげな〜〜く母の日とかぶせてくる気かもしれぬ。いや別にいいけどね(^皿^)、体を労って元気な赤ん坊を産んでくれりゃ〜それでええよ。
c0077465_21300856.jpg

# by nekotamamako323 | 2019-04-15 21:45 | うふっ | Comments(0)

われらの昭和

会社から帰宅したダンナが「Oから電話があったよ」という。
「O???」
「お前と同級の!」
あ〜、Oくんですかぁ。

何で??と言いかけて、Oくんが出身中学の三学年合同同窓会を計画しているという話を先日聞いたのを思い出した。
ダンナはそのO君と同じ中学校の一年下なので、出席するかどうかの打診があったようだ。

ねこママ、中学は別なのでまったく無関係。
ただOくんとは高校が同じなので知っていることは知っている。
でもって、ねこママとは中学校から同じだったTがOくんと2人で成績優良者に授与される最優秀賞を獲得したのは覚えている。

どっちがより優秀だったのかは知らないが、ねこママからするとTの方が中学から知っている分なじみがある。
性格もわかっているしどんな中学(高校)生だったのかも知っている。
数学の時間にこっそりとシェークスピアを読んでいて先生に激怒され、廊下に立たされていたことがあった。

休み時間、ねこママたち隣りのクラスに「Tが立たされてる!!」と飛び込んで来た者があって、みんなでワッと廊下に飛び出したら確かに立たされていてバツの悪そうな顔をしてねこママ達を見たのを覚えている。

いや、ほんとに懐かしいなあ。笑
本を読んでたぐらいで立たす教師も教師だけどね。

高校卒業後にTは国立大学の医学部に推薦で入り、その後は外科医になったが、Oくんについてはその後どうなったのかはまるで知らない。
そもそも中学も違うし同じクラスになったこともないのに、ダンナは「Oはどこの大学に行ったの?」と、ねこママに二度も三度も訊くんですわ。

なんでねこママがそないなこと知ってなければあきまへんの?自分で聞けや!同窓会で。


・・・ま、そんなわけで昨日、Tが勤めている病院のホームページを見てみたら、外科技術部長とかなんとかいうので何人かの医師たちと症例かなんかが載っているらしきパソコンを見ながら説明している画像が出ていた。
「これがあの廊下に立たされていたTなんだなあ」と、すごく感慨深いものを感じてしまった。

おだやかな性格で騒ぐことも怒ることもなく、存在そのものがゆったりしていて他の生徒とはまるで違っていた、そういえば。きっと優しいお医者さんなんだろう。

10時間以上もの手術を受け持つこともあるために体力増進目的にマラソンもやっているとあって、中学の夏休みに(教育熱心な)母親の反対を押し切ってこっそりと家を抜け出し、出場が決まっていた駅伝大会の練習に毎日参加していたというエピソードなども思い出した。
その頃から医師を目指していたのかどうかは知らないが、こういうことやなんかも懐かしく思い出したりしている昨今。

まあ、「われらの昭和」はまっこと遠くなりましたね。


# by nekotamamako323 | 2019-04-14 15:51 | うふっ | Comments(0)

エンディングノートから

c0077465_21012450.jpg昨日、テレビでエンディングノートのことをやっていた。

それは、高齢のお母さんに頑張ってエンディングノートを書いてもらったのはいいが、肝心のときにいくら探してもノートが見つからず、やむなく遺族の思う通りにして葬儀を終えた。

しばらくして遺品を整理していたら雑誌にまぎれて挟まる形でノートが見つかり、調べると「葬儀のときに来て欲しい友人達」の名前が書いてあって、遅きに失したものの、改めて、亡くなった旨を連絡させてもらったというものだった。

遺族の娘さんがそこを深く悔やんでいる場面を見て、ねこママはそういえば何年も前にじいちゃんにノートを書いてもらったはずだと思い出し、探してみたらいとも簡単に見つかった。

のはいいが!!!

名前と住所と生年月日、出身地と本籍地と電話番号。

それ以外は何も書いとらんの!!!

肝心の「葬儀のときに呼んで欲しい友人・人物」の項目も空白。
ノートを渡した時点ですでに90歳近くになっており、戦友も友人もすべて鬼籍に入っていたので呼びたい人もへったくれもないけれど。

ちなみにねこママ、自分の葬儀はダンナ(その時点でまだ生きていたら)と子供と孫、それだけで済ませてくれたらそれでいい。きょうだいだの甥だの姪だのは来ていらん。あ、茅ヶ崎のイトコと千葉のイトコには知らせてほしいかな〜。友人達には葬儀の後に知らせてもらう。それだけはノートに書き残しておかねばと思う。


# by nekotamamako323 | 2019-04-12 21:27 | ひとりごと | Comments(0)

今日は晴天だけど

花粉症かもと思っていたら普通に風邪引き。

でもねこママは風邪では病院には行かないし薬も飲まない。無理せず過ごしていれば症状は次第に軽くなってくるからである。
次第に重くなってくるようでは風邪以外の病気に決まっているので、そのときは病院に行きます。

そういえばじいさんは風邪引いた、となればすぐさま病院にかかっていたが、吐き気と食欲不振のときはガンとして受診せず3日も放置して脱水症状を起こしていたなあ、と思い出す。

姉貴がじいさんの状態をLINEで聞いてきて、「見舞いに行きたいけど膝の痛みがひどくなってきて仕事もできない」と言う。
「今のうちに手術を考えたほうがいい。歩けなくなってくれば大手術になってしまうよ」ときつく勧めたが、途端に返信がなくなって既読無視。おおかた、見舞いに行かない言い訳に膝のことを持ち出しただけであって、結果、手術を勧められるのは迷惑なのだろう。

c0077465_23243945.jpg膝関節変形の症状がひどくなってきて、姉貴の年代でこれだけ足が曲がっているのは見かけない。というかもっと年いった年代であっても見たことがない。

かなり重症だと思うのだが、何度か手術を勧めてもあれこれ言い訳したり既読無視を決め込んだりして話が進まない。物ごとをきちんと解決しようという意欲がなくて現状をズルズル引きずるさまを見ていると、小室親子を思い出す。

姉貴は昔っからそんなふうで埒があかないことも多いので、正直ねこママもどうでもよくなってそれ以上は関わらない。

風邪引きではあるが、お使いに行かないといろいろと食材がないので行きつけのスーパーに行き、二階の書店で気晴らしの本(画像)を1冊買い、その後は野菜や魚、鶏ムネ肉などを購入して帰宅。

ちなみに何を作るのか、って??風邪で頭が働かないので全然思いつきゃせんのだわ。友人たちとランチの約束をしているので、それまでに治ればいいのだけどねえ。



# by nekotamamako323 | 2019-04-11 23:56 | しら〜〜〜〜っ | Comments(2)

先日のこと

先日、じいさんを見舞った帰りにY潮駅前のビルにある回転寿司に入った。

遅いランチを済ませて出ようとしたらドアのそばにあるガチャガチャが目についた。以前、ここで『座る猫』を二体とったことがある。
まだ残っているかと思ったがすでに別のガチャに変わっていて、やめとこうと思ったら「うさぎ100%とくまさん」のセットのガチャがあるのに気がついた。

200円。

その分チャチなのかもな〜と思ったけど、見つけたら即買いしないとまたなくなってしまいます。

100円玉を二個放り込んでハンドルを回したが、出て来ない。何度回しても出て来ないので機械を横から見てみたが、在庫は少ないもののまだちゃんとある。
「戻」ボタンを何度押しても200円は戻ってはこないし、もっぺんハンドルを回してまた回して、それでも出て来ないので店員を呼んだら、あれこれ調べたり回したりした挙げ句「中のガチャの位置が悪くて穴から出て来れないでいる」という。

じゃあどうすればいいんですかと聞いたら、諦めるしかないんですってさ。

はあ?????????

このガチャガチャはお宅の店が置くことを許可してんでしょ???だったらお宅でなんとかするべきじゃないの???
お金入れたんですよ!!!

と抗議したけど、その若い店員は辛抱強くにこやかな表情を崩さずにいて、ねこママの抗議をてんで受けつけないんでやんの💢

「諦めるしかないんですか?」
「はい」

ドロボーだね、まったく💢

それでかなり頭にきつつ1階のスーパーで買い物してバスに乗ってスットコ娘にコトの次第をLINEしたら、「本部に抗議するべき!!」という。たった200円でそこまでイカるのもいい年こいてバカみたいだけど、品物は出て来ないわお金は戻らないわ、じゃ腹立つわよね〜〜。

プリプリしつつ帰宅したら税務署から通知が来ていて、たった200円で怒る必要なかった的な額が戻ってくるのがわかって、そこでやっと怒りが収まった現金なねこママであります。


# by nekotamamako323 | 2019-04-09 15:38 | ひゃああああ | Comments(0)

春の憂鬱

今年に入ってから、朝起きると昼頃までメチャクチャくしゃみや鼻水がでる。どんだけティッシュを浪費したかと考えると頭がクラクラする。・・・まあ、そんだけ貴重な資源を大量に消費してしまったってことで忸怩たる思い。

空気清浄機を「花粉除去」に切り替えてブンブン回しているけれど、効いているのかいないのか?結局、一番効くのがマスクなんでありますね。
しかし、眼鏡をかけてマスクをかけていると、当然ながら曇ってくる。鼻の上をマスクがピッタリと被うようにすると、鼻息の逃げ場がなくて呼吸するたびにマスクがフンスカフンスカ動く。それで呼吸はしづらいし、タスケテクレ〜。

c0077465_16244973.jpg

# by nekotamamako323 | 2019-04-07 16:58 | ひゃああああ | Comments(0)

じいさんの病院へ

非常に持て余していた浴衣の生地やリサイクルセンターで引き取ってくれない帯などを、ゆめちゃんのお知り合いでハンドメイドをしてらっしゃる方が引き取って下さった。
それとは別に柄を染める前の白生地なども、そのまたお知り合いで草木染めをやってらっしゃるという方に取り次いでいただけることになった。

ありがたい💜

燃えるゴミの収集日に罪悪感を抱きながら少しずつ出していたねこママだが、これでドッと肩の荷が下りた。
しかし、この話はじいさんにはしない。いい気がするわけがないからだ。

今日はまたじいさんの見舞いに行ったら、ナースが「水を飲む水差しとテレビのイヤホンを持ってきて下さい」と言う。
「老人性の難聴なんで音を小さくして字幕にしているんですが、うるさいですか?」と聞くとちょっと眉をひそめて頷いている。

手の動きがおぼつかなくなっているので、自分でイヤホンを耳に差し込めるかはわからない。きちんとはめられなくて音が漏れることもあり得る。とりあえず音量をゼロにして、じいさんには「うるさいそうだから音は消した。字幕を読んでね」と言うと、「音を小さくしているはずだ。俺には聞こえない」と言います。

「そりゃ難聴が悪化してんだもん。でも他の患者やナース達にはうるさいみたいだよ。ナースもリハビリ士もじいさんにものを言うときは耳元で喋ってるじゃん。他の患者とは普通に会話してますよ。」
・・・と言ってもしょうがないのでそれは言わず、この五日間(だっけ?)のできごとを話したりして40分くらいで退散。

どこも桜が満開で夢のようにきれいだが、なんだか今年は「どうせまた(来年も)咲く花だし」と醒めた気持ちにしかなれないでいる。まあ、なんだかんだいろいろありますからね。

c0077465_22351074.jpg
ガラケーじゃどうもウマくないがじいさんの病院前の桜。


# by nekotamamako323 | 2019-04-05 23:02 | Comments(0)

書くことあれど書かぬ

ときは春。日は朝(あした)

と入力して、どっかで見たような知ってるような???としばし考えて思い出した。
最後を
神、そらに知ろしめす

すべて世は事も無し

で締めくくる詩だったね。「海潮音」に出てくる詩だったか。

とにかく「世は事も無し」どころかいろいろありまして更新遅れ。近所の公園の桜並木がすんごいきれい。煌煌と照らす満月のもと、満開の桜の木の下で死ぬことを願う西行の気持ちが少しだけわかる。全然死にたくはないけれど。笑

それにしてもここずっと続いている皇室のドサクサ、国民とともに歩むべき皇室の一員だということを頭に置いてなかった子育ての結果がこうなんだもんな〜〜。
こうも連日秋篠宮家の見苦しい部分を見せられてはどえらい迷惑
でがんす。


# by nekotamamako323 | 2019-04-04 22:37 | きっぱり! | Comments(0)

新元号

「令和」かあ・・・。
ちょっと意表を突くネーミングだ。若い人達は好むだろうな。

そうすると、今度産まれるスットコ娘の子供の学年は
・平成31年生まれ
・令和元年生まれ
・令和2年生まれ
の3通りになるわけで、「最後の平成生まれになっちゃう子はイヤだろうね」と娘は言う。

ねこママは中高生の頃に「明治」という時代を恐ろしく古く感じていたが、令和生まれの子供達が同じくらいの年になったら「昭和」を同じように感じるんだろうな、と思い、なんかいきなり
寒く🍃なりました。笑

でもってねこママ自体、存在が石川啄木や二葉亭四迷、坪内逍遥ら並みに古くなっていきつつあります。⬅なんで文学者の名前ばかりなのか、って?他に思いつかないからだワ。

何はともあれ、「安久」だの「弘元」だの「怨念」だの「防災」だのでなくってよかったですよ。ねこママは「天馬」なんてのを考えていたんですけどね。


# by nekotamamako323 | 2019-04-01 21:04 | うふっ | Comments(4)

思い出すこと

c0077465_21014196.jpgダンナがダイソーへマグネットボードと名札を入れるカードケースを買いに行くというのでつき合って、リメイクシートをもう少し買い足すついでにシールも買ってきた。

レイアウトが今イチだけど、はがせるのでとりあえずは気楽に考えている。もう少ししたら貼り直ししようと思う。

ママ友がモモンガちゃんの動画を送ってきたのでついでに母上様の白内障の手術はどうなったかと訊いたら、先日と先週、一週間の間を空けて手術は無事に終わったという。

が!!!

なにしろ認知症で目薬の管理が出来ないからいちいち差してやらなければならないわ保護眼鏡を勝手に外してしまうわ、しかも他の疾患による薬も飲ませなければいけないわ、で毎日イライラが嵩じてMAX💢の状態だという。

「白内障の手術は認知症にかかる前にやっちゃわないと大変だよ」と言うと、「うん、だから自分も白内障になったときのために子供達には言ってある」
まあ、ねこママは数年前に手術しちゃったのでそんな気遣いはいらないですけどね。むか〜し眼をケガしたのが原因で発症も早かったしな〜。

ばあさんも白内障が進んで晩年の頃には眼が白っぽくなっていたのを思い出すが、認知症も進んでいたので手術してもママ友のところと同じように、やれ勝手に保護眼鏡を取っちゃうわ目薬をさすのを忘れるわ眼をこするわ何だわかんだわで結局はねこママがいちいち叱ったりなんだりして手伝わないとならなくなってたと思う。

・・・なんだかいろんなことを思い出してしまった。


# by nekotamamako323 | 2019-03-29 21:33 | う~~~~む | Comments(0)

処分する

c0077465_17330746.jpgじいさんの部屋の壁をタイル調に手直ししている最中。

気が向いたときにコツコツと、なのでそんな一気には進まないが、ヘンな所に釘を打っていたりヒートンをねじ込んでいたりしてあるので、いちいち抜いたりして手間がかかります。

ベッドの頭の上に額がたくさんかけられているのでどうしようかと思うが、じいさんが身まかるのを待っていたらこっちも体力的にしんどくなる。
体が動く今のうちに今のうちにと、後ろめたさを押し隠して少しずつ処分していっている。

タンスの中はほとんど空っぽになったが、洋ダンスの方は背広だのコートだの喪服だのがぎっしりとかかっていて、これはそのままにしておく。体格的にダンナが着るのは無理だし欲しいという者もいないと思うので、いずれはこれもリサイクルセンターに持って行くかもしれない。

ふと津村信夫の詩「父がいる庭」を思い出す。
作者は「兄とふたりで父の遺物を洋服を分け合ったがポケットのハンカチはそのままにして置いた」のだが、ねこママんちでは父の遺物も洋服も受け継ぐ者はいない。体格の違いもある。

じいさんの物をこうして片づけていっていると、生きているうちに少しずつ死後の準備を自分で整えていくということの重要性を嫌でも感じさせられる。自分はいつまでも生きる。いずれ死ぬにしてもまだまだ先のことだ。などとは

ゆめゆめ思っちゃいかんよ。

じいさんなんか齢90を越えてもまだそう思っていたようで、正直言って、現実を見ようともしない思い切りの悪さがねこママはとても嫌いだったな・・・。

# by nekotamamako323 | 2019-03-28 18:19 | う~~~~む | Comments(7)

思うこと

「家事ってひとつのことをやるだけじゃなくて、いちどきにいくつものことを同時進行でやらなきゃならなかったりするから、右脳と左脳の情報交換がうまくない男性には結構コタえる作業だと思うんですね。」

と書いたのは曾野綾子氏だったかな???

昨日、ねこママが作ったおかずは
・鶏肉たっぷりの筑前煮
・茄子とピーマン、豚コマの甘辛炒め
・イカ大根
・洋野菜とフランクフルトのスープ
・サラダ

なんだが、これらを同時進行で作る、ということをやっている。
合間に息子から「ジムの風呂場が工事中でシャワーしか使えないから風呂を貸してくれ」というLINEが入り、料理を中断して風呂に湯を張り、さらに息子用にハムエッグも作る。

主婦なら当然出来ていることだけど、こういうことを男性が毎日毎日苦もなくやれるかな?という感じ。
「情報交換がうまくない」というよりは右能と左脳をつなぐシナプスが男性は女性に比べて細いため情報の行き来が乏しい、とまあしょうのないことなんだけど、一般に男性はどうも女性のこういった特質を軽く見過ぎる。

もうちっと女性を崇めて尊敬しろ
ありがたがれ


とか言いたくなることもあるよね〜。稼ぎの多寡のウンヌンでえばるなっちゅ〜んじゃ。


# by nekotamamako323 | 2019-03-26 15:19 | Comments(0)

今日の今日

遅番のため朝寝を決め込んでいるダンナをほったらかして、さっさと1人で朝ごはん。

c0077465_18213439.jpg
夕べ、カツを作ったあとでパン粉と大豆粉と卵液が残ったので全部ひとつまとめにし、玉葱入れたりローストビーフの残りを入れたりしてフライパンで両面こんがり焼いておいたものがねこママさんの今日の朝ごはん。味があっさりして物足りないので目玉焼きを乗せている。それとミネストローネの残りと生野菜。

さらに夕べのマグロのすき身がけっこう量が多くて残ってしまったので、それは刻みネギを入れて団子にして油で揚げ、醤油あんをからめてダンナの弁当に。
まあリサイクル弁当ですね。言い方は悪いけども。

話変わり、ダンナの職場の若いモンが家を新築したのでお祝いをあげた。
そのお返しにカタログをよこしたのでダンナは「いらないいらない」と断ったらしいが、どうしてもというので持ち帰ってきた。
たいして欲しい物がなかったりするのでねこママも正直(いらないんだけどな〜)と思ったが、放置するわけにもいかぬので吟味してハガキを出した。

でもって今日届いたのがこれです。

c0077465_18431025.jpg
昨日はねこママの誕生日だったので、スットコ娘が北欧の食器をくれることになっている。去年の誕生日もポーランドの食器であった。
なんか食器食器食器でねこママ別に食器が好きなわけじゃないんですけど、とくに欲しい物がないと食器をチョイスせざるを得ないってどうよ?利用価値があるという意味ではばあさんが集めていた着物よりはまだマシだけど。

今日はじいさんの病院へ顔を出して、しばらく喋ってから帰宅。
相変わらず食べられないので栄養点滴をしているが、状態は落ち着いていて「帰りたい」とも言わない。言い方はヘンだが平和に過ごしているように見える

転倒して大腿骨にヒビが入った御母上を持つ友達が「リハビリの病院へ転院して歩けるようになったから嬉しい」とLINEをよこし、「でも・・・複雑」と言ってきた。「母は自宅に帰る気マンマンなんだけどね」

そりゃ同居してないから「嬉しい」と言えるんであって、家に帰って来られても・・・と、施設を探したり見学しに行ったりしている弟さん夫婦の心情を考えると複雑な気分になりますわな。

# by nekotamamako323 | 2019-03-24 18:59 | まったり~~~ | Comments(0)

お知らせ

いつもご来訪ありがとうございます。

日記代わりに書きつづっている当ブログですが、いつのまにか「イイネ」のボタンがついているのにふと気が向いたのが最近です。なにしろ近視眼的というか視野狭窄的というか、目についてはいても気にしなかったのだと思いますが・・・。

もちろん「イイネ」の数とアクセス数はなんら関係がないので放置の方向で行くつもりでしたが、初めに述べたように、ここは日記代わりに気ままにつづっているブログです。「イイネ」がついてもつかなくても何ら影響はないのですが、自由気ままに運営するというスタンスでいるには「イイネ」のボタンはいらないかな〜と思い、あえて外しました。

これからも自分の考えや行動などを率直に自由に書いていくつもりでいます。
引き続き当ブログをよろしくお願い申し上げます。


# by nekotamamako323 | 2019-03-22 19:04 | 感謝 | Comments(2)
c0077465_14052524.jpgねこママが生まれて初めて作ったイヤリング。➡
ベテランのハンドメイド作家の方からみるとすっげ〜ちゃっちいシロモノだと思います。でも、初めて作ったアクセサリーもどきなんで一応アップ。

10分もあれば作れる、と講師のAちゃんは言っていたが、10分どころか1時間半もかかっちまいやんの。

「めんどくさいから私はやらない!」のNどんは見ていただけのくせして「1時間半もかかった」とゲラゲラ笑うが、そもそもAちゃんの説明が長過ぎる。

「御託はいいからはよ作らせれ」と言いたいが言うと作り方がわからなくなってせっかくのイヤリングがゴミになること必至なので言うわけにもいかなくて、隔靴掻痒といおうか切歯扼腕といおうか国旗掲揚といおうか国家斉唱といおうか。⬅なんだそりゃ

とにかくパールもマルカンもナントカも(針金みたいなやつよ)SWもなにもかちっちゃくてちっちゃくて、まともな大きさなのはボンドとペンチとハサミだけという・・・。ちなみにホワイトボードに「SW」とあるので何かとAちゃんに訊いたらスワロフスキーという返事。ねこママ、「スワン」かと思いましただよ。でもって次に頭の中でフォスターの「スワニー川」のメロディが。笑

遅れてやってきたFさんが同じく「SW」の文字を見て、「あれはなに?」と訊いてきたので、Nどんと2人で笑いをかみ殺して教えてあげた。

パールの穴に通した針金(?)もどきを6ミリの長さに切って、先端をペンチで挟んでグイン!と輪っかに曲げるのがうまくいかない。
「?」の文字の先端が根っこにくっついたような形に曲げるのが理想なのだが、ねこママがやると首吊り後のロープの輪っかみたい(^^;
しかもあんまりあれやこれやといじってペンチを持つ手にヘンな力が入ってしまうから、急性の筋肉痛みたいになるし、こんな大変というよか悲惨な思いをするとは思わなかったわよ。

講師のAちゃんが、「針金(?)の先端をもって曲げるところを、根っこをつかんで曲げたのが敗因」だという。

敗因???

イヤリングごときで敗因とか言う???ねこママ急に敗戦投手にでもなった気分。笑

何はともあれホントにやっとこさ出来上がり、それはそれで面白かったのでよき経験でしたわ。(^^)


# by nekotamamako323 | 2019-03-22 14:51 | ハンドメイド | Comments(2)

ドジ

c0077465_20583205.jpgうっかりと、ついうっかりと同じものを二本買ってしまったあたい。

1本は「化粧水」とある部分だけを見た。
もう1本は「乳液」とある部分だけを見た。
二つをカゴにポイポイ放り込んでレジに進んだ。「これ1本」ですむやつなのに。

ねこママ、ほんとにモノの見方がもんのすっごい近視眼的というか視野狭窄的というかバカというか。うちへ帰ってレジ袋から取り出して初めて気がついて、
自分ほんっとにバカだなあよぉぉぉぉぉい
と思いっきり呆れたわけです。

イトコからLINEが来ていたので見てみたら、
「うちのばあさんが電話で言ってたけど、Sさんが(郷里に)戻っているらしいよ」という。
あ、S(♂)というのはねこママの同級生ね。イトコは年下なので「さん」付けをしているが、ねこママには「S」で十分。
「それでばあさんが『Sさんが、ママコは頭が良かったなあと言ってた』と伝えてくれだって」

なんじゃそりゃ。しょうもない。
「これ1本」ですむはずなのに「化粧水」と「乳液」をバラバラに見て、給料日前だっつ〜のに二本も買っちゃったんだぜ!

・・・とは言わない。いつもならドジ話として言うんだけどね、今回はさすがに言わぬ。ねこママにも見栄ってもんがあります。笑


# by nekotamamako323 | 2019-03-20 21:25 | ひゃああああ | Comments(0)