意見書を作ってもらいに

TVの真ん前に置いているねこママさんのおもちゃ(?)。見ていると気持ちがなごむというか、癒されます。年いくつだよ?とか言わないでねん。
ねこママは昔はこういうプリティなものは好きでもなんでもなかった。あほらしとか思ってて自分の部屋も殺風景な仕様にしていた。が、寄る年波(?)のせいか、可愛さを通りこして幼稚園児が好むみたいなのが好きになってきた。アタマおかしくなったのかしら。笑
c0077465_14395672.jpg
さて先日はじいちゃんの要介護・要支援認定の更新のため、かかりつけの医院へ意見書作成のための話し合いに行ってきた。
いまだに畑をやめないので、腰痛や胃液逆流による胃炎・胃潰瘍などを起こしている。

じいちゃんは「先生が、畑はやめない方がいいと言っている」と言うが、ねこママはケアマネさんから「やめるように言って欲しい、と先生に伝えてみたら?」と言われている。それでDr.にそう言ったら、「畑をやめると何もすることがなくなりますよ」という返事。そりゃそうだ。

「確かに友達はみんな亡くなったし戦友も全員あの世に行っちゃったし・・・することもないなあ」と逡巡していると、「娘さんは畑はやらないの?」ときた。それできっぱりと、
「畑はじいちゃんの趣味であって私の趣味じゃないですよ。私にも趣味はありますけど、人に手伝ってもらおうとも思いませんし。」

いや、喧嘩を売ってるわけじゃないですよ。ただ、暗に「オマエは年寄りに畑をやらせておいてそれを手伝わないでいるのか」まがいのことを言われることはあるんですね。が、ねこママは人の趣味に首を突っ込む気はサラサラねえだ。
畑をやるのが大変になってきたら本人が限界を認めてやめてしまえばすむ話。土いじりに興味もないのに手伝わなくちゃならん筋合いはないざます。

のような言い分だけど、畑仕事が家業でねこママんちがそれで生計を立てているならばねこママだって当然やりますよ。繰り返すが、土いじりは好きではないんですけども。笑

話がそれた。とにかくDr.によれば、
「認知症もないし自分の足で歩けているなら『要介護』をとるのは難しいかも」という話でした。

やっぱりね〜。
しかし、ねこママはじいちゃんには何としてでも週に二三回はデイサービスに行って欲しいのよ〜〜〜。本人も嫌がってはいないしそれなりに楽しんでいるし。
なのであとは一週間後に来訪する認定員をいかにだまくらかすか、ですね。⬅私じゃない、母上の介護度数を要介護2から1に下げられてしまったママ友が言ったんです。笑


[PR]
Commented by joshua0722 at 2018-04-14 06:53
お久しぶりです。
前にも書いたと思うけど、男はとかく見栄を張りたがるものです。痛いところがあっても、我慢して「大丈夫」と言ってしまう。義父の時もそうでした。その時は、認定員が分かっていて、そのことを配慮して認定してくれました。ですから、結果は認定員次第になるかもわかりません。
Commented by nekotamamako323 at 2018-04-14 15:21
おー、お久し振りです。
ほんと、じいさんには「見栄を張るな、悪い方に悪い方に言え」と言ってます。笑

ママ友は「認定員の性格次第かも」と言ってますよ。だって彼女の母上は、主治医には「(症状は)悪くなりこそすれ良くなることはない」と言われているにも関わらず、度数を下げられちゃってるわけですからね。
認定を受ける本人はともかく、その家族にこそ配慮してくれる人に来て欲しいのだが。笑
名前
URL
削除用パスワード
by nekotamamako323 | 2018-04-13 15:19 | う~~~~む | Comments(2)