「花見」に行った

昨日は雨が上がってきたので大急ぎで米を研ぎ、じいさんにはジャム付きパンを食べさせて自分は薄っぺらいパンの耳を1枚。炊きあがったゴハンでダンナの弁当を作り、朝食の準備をしておいてからドタドタバタバタと支度してN大師へすっ飛んでいった。

「花見」というと必ず言われるのが「まだ桜が咲いてる場所あんの???」とか「桜、もう終わってるよ」なんだけど、牡丹を見るのも藤の花を見るのも「花見」でいいんじゃないの???俳句では「花見」といえば確かに桜のことではありますけどね、俳句の世界を生きてるわけじゃね〜んですし。

画像は一番お気に入りの牡丹。すみません、種類は忘れました。
他に「紀子の舞」という名札がついたのがあって、これはあのその、怒ると般若のようになって何人もの職員が辞めていったという例のあのその何だ皇室のかたのことでしょうか???笑
じゃあ「雅子の微笑」だの「佳子のダンス」だの「眞子の結婚延期」だのいう種類があるかと思ったけどありませんでしたね。当たり前か。⬅右翼に襲撃されそうだなこりゃ。

コーヒーしてるときに、一緒に行ったメンバーの一人から「それがホントなら非常に怖いね」的な話を聞いたのだが、それはまたいずれ。
c0077465_10592609.jpg


[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by nekotamamako323 | 2018-04-16 11:20 | う~~~~む | Comments(0)