ヒデキ、ショック

西城秀樹氏死去。何とも言えない気持ちだ・・・。

「恋する季節」で最初にTVで見たときは、ずいぶん図体の大きな歌手だなあぐらいの印象しかなかった。それまでの男性アイドルというのは170センチに満たないようなのがまだまだ多く、そこへいきなり180センチになんなんとする者が現れたので、絵面的に見慣れないというかなんというか。

昭和30年生まれだというが、絶対ウソだと思っていた。新御三家と呼ばれていた他のメンバー、野口五郎氏や郷ひろみクンなどは年齢相当に見えていたが、西城氏はなんだかシワが多く、もっと上の年齢だと思っていた。
そのシワが中年になっても「若いときとあまり変わらない」的な雰囲気を醸し出しているので、それもまんざら悪いことでもなかったのかも知れないなあ・・・と思っていた矢先に死去したというニュース。

最初は「三度目の脳梗塞に見舞われたのか」と思っていたらまさかの急性心不全。本当に何とも言えずやりきれない気持ち。
別にファンというのでもなかったが、スティビー・ワンダーの作詞作曲による「愛の園」(⬅リンクはこちら)はとても好きだった。確か、スティビー本人が「ヒデキ・サイジョウに歌ってほしい」と言って自ら作詞作曲したという話で、シャウト系ばかりでなくこういう歌もたくさん歌えばいいのにな、とも思っていた。

性格がよかったのかあまり悪い話もきかなかったように思う。遠い日の自分の思い出がひとつ消えたな・・・と、胸が痛いような心持ちでいる今日のねこママである。






[PR]
名前
URL
削除用パスワード
by nekotamamako323 | 2018-05-18 14:03 | あ~あ・・・ | Comments(0)