今日のねこママ

ユズがぎっしりと実り、色づいてきた。が、ひとつひとつがちっちゃいのでユズジュースにするのは難しい。これもジャムにしよう、とそんなことを考えている日曜日。

ダンナは仕事だし息子も仕事で寄りつかないので家にはねこママしかいない。あ〜、しょうもない日だなあおまけに曇っているしなあ、と思いつつ、それでもひとりでいることの気楽さを目いっぱい楽しんでいるねこママです。(^∀^;)
c0077465_13163614.jpg

[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-11-18 13:28 | うふっ | Comments(0)

今日の腹立ち

★パソコンを使わ(え)ぬ大臣がサイバーセキュリティ担当だとは、ヘタなホラーよりおっかない。

★年に20%ならまだしも月に20%のリターンが来るという投資話を本気にするとはね。つまり1月に100万円を投資するとその年の12月には745万円になるってことを信じたわけですよ!!日本一のバカ&欲張りだわ・・・。

★ねこママ「いつかは鉄道の旅をしたいなあ。折りたたみのマウンテンバイクをかついでさ。あ〜、その日が楽しみ!」
スットコ亭主「行ってらっしゃ〜い😄」
お前は行かないのかよ!!!💢


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-11-15 13:32 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

今日の独りメシ

出掛ける予定がない日の独りメシ。

冷蔵庫の野菜室にある葉物を乱雑にちぎってガシャガシャ洗い、マグロの油漬けにモッツアレラチーズにミニトマト、紫玉ねぎなどを乱雑に乗っけた山賊サラダ
そんなネーミングのサラダがあるのかって?いかにも山賊が食しそうなビジュアルだから勝手にそう名付けたまでのことですわ。(^^)
c0077465_22024556.jpg

あとは冷凍庫に常備しているとろサーモンを解凍したものと、その隣りは昨夜の残りの大根豚バラ肉巻き甘辛酸っぱ煮(長い!)。煮返ししたので煮詰まってしまい、これは反省点。次回はもう少し薄味で作らねば、と考えながら食べている。

なに、ごはんのおかずとして食べるとちょうどいいんだけど、ねこママは新潟生まれなので舌がしょっぱ味に対してバカになってるだけのことかも知れない。
薄味好きの関西人が口にすると、おそらく

じょっぺー!!!(苦悶)

となると思われます。

それにしても、
はぁ〜〜〜・・・たまには人様が作ってくれたごはんを食べたいものだ・・・。
と思う秋の日。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-11-08 22:23 | あ~あ・・・ | Comments(0)

今朝、スットコ娘からLINEが来て、
「お母さんが120万円のビニールポーチ(100均にありそうなやつ)を買ってて、『これはお母さんがおかしくなったのではなくて本当に120万の価値があるものなんだ…』って自分に言い聞かせてる夢を見たよ」
と言う。

それでねこママはひとしきり爆笑したあと、「そんな夢を見るKA野の深層心理に興味があるなあ。ていうか夢の中だといっても買うのを止めないといかんでしょ。ガミガミガミ💢」と説教したんです。
すると、
「買った後にそのポーチを見せられて、値札に190万→(値下げで)120万って書いてあったんだよ」という返事。
「はぁ・・・こわかった😨」

なにがよ。ホラーのつもりか?

「たぶんあんたはさ、私が理不尽なことや理屈に合わないことを言い出して疑問に感じても、自分自身を無理にでも納得させなければいけないという強迫観念が残ってんじゃないの???子供が産まれて親になれば、そんな観念はきれいさっぱりと消えて親の言うことでもヘンなことはヘンだ!!と思えるようになります。大丈夫よん(^^)」
と返事したんですが、ほんと、なんでこんな夢を見るんでしょうねえ、ねこママのこの娘は。
恐怖政治というか恐怖育児をしてきたつもりはないんやけどねえ。ホントよ。笑
[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-11-06 15:57 | うふっ | Comments(0)

古写真の処理

c0077465_13122661.jpg仏間の机を解体して処分するついでに大量の写真を仕分けしていて、見つけたのがこの写真。

ばあさんの若かりし頃の、山の田んぼで働いていて休憩どきに撮ったものらしき写真。すぐ近くにばあさんの実家の田んぼがあるので、たぶん叔父が撮影したのだろうと思う。

紗をかけてみたらいかにも明治、とは言わぬまでも大正か昭和の初期あたりの写真みたい。この頃のばあちゃんは痩せていたのだねえ。記憶にないけど。笑
ねこママの記憶だとばあさんはねこママが物心ついたころから太っていた。ような気がするのだが(^^)

それにしても大量の写真、始末が悪い。
「親の家を片づける}といったたぐいの本によれば、親の写真は二三枚とっておいてあとは処分してもいい、とあった。
じいさんがまだ存命なので勝手なことは出来ないが、昔からまったく交流がなかった上、とっくの昔の大昔に亡くなったと聞いてるじいさんのイトコだとかその弟の家族だとかの写真までとっておく必要はありませんわなあ。

少なくともじいさんの衣類に関しては、もう家に戻ってくることはないしサイズも合わないので処分するのにためらいはないが、写真のようなものは思いがこもる分なんだかいろいろと悩む。
とにかくこれは絶対にいらん的な写真を選り分けて束にして、一番上の写真を裏返しにして重ねてあとはガムテープを十字型にぐるんぐるん巻き付ければそれでよし。次のゴミの日にポイポイ出します。

あ、このばあさんの写真?これはとっときます。ねこママの記憶にはない姿だが、なんだかすごく懐かしいような恋しいような深い想いにとらわれるので。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-11-02 13:46 | う~~~~む | Comments(0)

人形のこと

c0077465_14170068.jpgで、ねこママが死んだら身の回りのものは即処分してくれてもいいが、お棺の中にこれだけは入れといてくれ、と子供らやダンナに言いつけてあるのがこの人形なんですが、先だってポスカを何色か買ったついでにソックスやら靴やらを塗り直し、顔も眼の部分に多少手を入れた。それだけで新品同様に・・・とはいかんけど、少しだけ見栄えがよくなった。

そういえば幼なじみのY子は名古屋の叔母さんに買ってもらった、といって大きな人形を持っていたがあれはどうなったのだろう。
イトコはバービーだかなんだかの人形を持っていたが、これはどうなったのだろう。
そんなことなど思い出す。

ねこママは高校を卒業して東京へ行き、その後に親が新潟の家を売り払って引っ越して来た。人形はばあさんが捨てずに持ってきて、それ以来ねこママの家にある。

結婚してダンナとアパートを借りたはいいが、仕事から帰ったらテレビの上にちょこんと置いてあるのにはどこまで追いかけてくる気かとさすがにギョッとした。
もちろん、合鍵を持っているばあさんの仕業ではあるが、どんだけねこママに持たせておきたかったんだろう。今思うと不思議。

まあそんなこんなで人形はいまだにこうやってねこママんちにあります。
こうなると、死なばもろともじゃないけどお棺の中まで連れて行くしかないでしょう。笑


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-31 18:19 | う~~~~む | Comments(0)

ねこママの老後は

まあそんなわけでお金を貯めなくてはならないのだが、イギリスで生活している人の本によればあちらの年寄りは貯金なんてなくても平気なのだという。
お金のない者から優先的に老人ホームに入れるからというのだが、それでは寝たきり老人だの寝たきりボケ老人だの徘徊老人だのもすべて国のお金で面倒見てくれるのであろうか。
それだったら貯金なんてしなくてもいいし、好きなことにバカバカお金を使って一文無しになってから老人ホームに入るテもありだなあと思う。

ちなみにねこママは何にお金を使いたいかというと、とにかく生まれ故郷に戻りたいでげす。
そこの昔ながらの家を買って縁側に籐椅子を置いて、目の前に広がる山山また山を眺めて暮らしたい。眼の前に山が迫っているのでなく、視線をやや遠くに置くとそこに連山が・・・という感じの。
なんでそんなに山が見たいかというと、やっぱり草深い田舎で朝な夕な山を見て暮らしてきたからなんだろう。

そうやってさんざんっぱら山を見ながらガッタコガッタコ年取ってって、それから老人ホームへ入りたい。そこで地元にいる中学や高校の同級生達と一緒になったらそれはそれで面白そう。「あいつがボケたコイツがボケた今度は俺の番」なんちゃって。
そうして1人死に2人死にして、気がつけば「オールドブラックジョー」の世界に(^^)。なんだか暗いんだか明るいんだかわからん話になってしまいましたわね〜。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-30 20:25 | まったり~~~ | Comments(0)

もしねこママがボケたら

スットコ娘が2泊で泊まりにきてそのときにいろいろと話をしたのだが、要は
「お母さんがもしボケたら施設に入ってね。私は子供もいるだろううし面倒みられないから」と。

それでねこママは「もちろんだよ。あんたのヘッタクソな介護を受けてイライラするぐらいならプロに任せた方がラク」
と返事しました。
それで娘は「重荷がひとつ下りた」と喜べばいいのに、
「でもボケたら言うことが変わるかもしれないじゃん」
と食い下がってきます。

変わろうが変わるまいが正気のときに言った言葉が本音なんだから、ボケたねこママの戯言(たわごと)を真に受けんな。「ボケる前はこう言ってました!」で押し通して、ボケて言ってることに重きを置くようなことをするな。遠慮なく施設に入れていいよ。

でも暴力ふるいそうな職員や作り笑いする職員や冷たい雰囲気の職員がいる施設には絶対入れないでね。何されるかわからなくてコワイ。そういうことをやらかす職員はどんな事情があろうと心に「人間」ではないものが吹き荒れているので、ねこママはそういうものに暴力を振るわれて命を落としたりケガしたりするような惨めなことは断じてイヤですぅ。終わり。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-29 13:17 | う~~~~む | Comments(0)

じいさまをシャッフル

食事会に行って、友達と父親の介護の話になった。

うちのじいさまは寝たきりになって1人では寝返りも打てない状態だが、彼女のとこのじいさまは足腰が達者でよく歩き回ってはいるが、認知症が進んで家族の顔もわからないという。

お互いのじいさまを足して2で割ればちょうどいいんじゃないかと言ったが、シャッフルの結果、ねこママんとこに認知症だわ寝たきりだわのじいさまが来るのはいいが(いいのかよ)、ボケてはいないわ足腰達者だわな94歳のじいさまというのも困りものだ。別居してるならおおいに構わないんだけれども。

ほんと、どっちのじいさまがいいのかは人それぞれですからね。ただ施設で働くイトコによれば、認知症が進んで寝たきりで、の老人は暴れなくて介護は楽だというのでねこママはそれに従って考えております。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-24 21:29 | う~~~~む | Comments(2)

タコを切る

「ちなみにねこママ、爪は伸びる前に容赦なく切る!派です。(^^)」

と言ったが、実はヘマをやらかしました。
いつものごとく足の爪をパチンパチンと切っている、と思って下さい。でもってふと、左足中指の第一関節に堅いタコができているのに気がついた。

指でなで回したりツンツンやったりしてみるが、別に痛くもない。
そこでついうっかり、爪を切る感覚でタコを爪切りで・・・・いや、特に痛かったわけではないんですよ。
ないのに何故だか血が出る!!!!⬅当たり前やがな、バカ。

それで慌てて傷テープを何重にもグルグル巻いてなんとか凌いだ。それが数日前のことなんだけども、ジンジンする痛みが治らない。
今さらながら消毒液を探したが、見つからないので食品添加物製剤の除菌アルコール(台所用ね)をシュッシュッと傷口に噴霧して、まあ死にやしないだろうからとそのままほっといた。

それが昨日のことで、どうやら痛みもなくなったのでここにカキコしたが、こんなこと神経質なダンナには死んでも言えぬ。
お前はアホか!💢
と叱られること必至だし、叱られたら腹が立つし、どっちにしてもいいことはないので黙っているに限りますのよ。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-24 20:53 | ひゃああああ | Comments(0)

たかが爪、といえども

しばらくぶりでママ友に会ったら、いやに疲れた顔。
用事でK市(遠〜〜い!)に行ってきたはいいが、その前にひさしぶりに足の爪にネイルをしてもらってブーツを履いて出かけたら、思ったより爪が伸びていたためブーツの中が窮屈になった。それが今になって、爪だけでなく体のあちこちに痛みがきてそれに耐えている状態だという。

「なんで足の爪からこんなことになるんだろう」とママ友はぼやくが、ねこママは整体の人に「体はつながっているので一カ所の痛みが全身に放散するのはよくある」と言われたことがありますよ。
彼女の場合も爪をかばって歩いて筋肉に不自然を強いたのと、ブーツの中で圧迫されていた爪の悲鳴がジワジワと筋肉だとか末梢神経だとかに伝わって、声なき悲鳴を上げさせているのだろう。

たかが爪、といってもこういうこともありますので十分にお気をつけ下さい。
ちなみにねこママ、爪は伸びる前に容赦なく切る!派です。(^^)


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-22 15:22 | ひゃああああ | Comments(0)

ここのところ思うこと

沢田研二氏のドタキャン騒動

本人の加齢劣化・かってのファンの老化&心変わり・新規のファンを掴めていない・スタッフをうまく使えていない等々のことを引っくるめて「実力がなかった」ということなのかも知れないが、スーパースターのなれの果て、と言ったら酷だけど、あの体型は本人の自己管理がてんで出来ていないということなんじゃないの。
あの釈明のときの沢田氏、カーネル・サンダース氏を目指してんのかと思ったもんね。

体型を気にしないという生き方だったのなら別にいいけど、それでもかってのファンはどこまでもついてくると思っていたのかなあ、と不思議。でもって「ファンに甘える」というのもバカみたい。甘えられたくてファンは来場してるわけじゃない。歌を聴きたくて来ているんでしょう。
もっとも、チケットがさばけなくて無料で配られたケースも多かったようだけど。

体型に関して言えば、沢田氏よりはいくつも年下だけど郷ひろみ氏を見習ってほしいね。ちなみにおんなじ「太った」でも、加山雄三氏ならばこんな騒動は起こさないと思うのだが。
生意気な言い方だけど、沢田氏はいい年して「おとなこども」なんじゃないの?と思う秋の午後。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-22 14:54 | Comments(0)

画像を見せる

グズグズだった庭をダンナが整備してくれている真っ最中。じいさんが畑で採った泥つきの野菜を洗ったり傷んだ葉物を捨てたりして半ば荒れていた。
畑で使うから捨てるな!と主張して壁に立てかけっぱなしにしていた不要マットやカーペットなど、どかしてみたら大量の虫がいたらしい。「キモチ悪いんだよ!」とダンナはプリプリ怒り、それでも休みの時に少しずつ片づけてくれたので家の周辺はだいぶきれいになった。
c0077465_10170870.jpg
いくら、みっともないから捨てるようにとねこママが注意しても、「畑で使うんだ!!捨てるな!!」と怒るので手をつけられなかったのだが、画像を持参してじいさんに「今はこういうふうになってるよ」と見せると黙ってうなずいている。
泥で汚れた農機具類もすべて処分してしまったが、そのことは言わない。

「梅酒を作ってあるからM子(姉貴)にやってくれ」と言うので取りに来るようにと連絡したが、もう酒は飲めない・・・と自分でもわかっているんだな、と思って、ちょっとやるせなくなってしまったねこママだ。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-20 10:58 | う~~~~む | Comments(0)

ばあさんの夢

岸見一郎氏の著書「老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる」を読んでいて、次の一節に引っかかった。
曰く、

「亡くなった人の夢を見るのは、その人とまだやり残したことがあると思っているから」

なぜここに引っかかったかというと、一時、姉貴が「(亡くなった)ばあさんの夢を何度も見る。いつもキツい言い方をするから嫌いだったんだけど、夢の中ではすごく優しいんだよ」と言っていたので。
それでねこママは改めて、姉貴は本当はばあさんと仲良くしたいし優しくされたいと思っていたのだろうなと思ったが、もう永遠に会えないとわかってから、「やり残したことがあるからだ」と深層心理の部分を知らされてもしょうがない。むしろ悔いが残ってやりきれない。

ねこママはばあさんが亡くなって3年近く経ったが、ばあさんの夢を見たことは二回ほどしかなかった。
一回目は何しに夢に出てきたのかわからない、というぐらいの淡くおぼろげで取り立てて意味のない夢。
二回目は不機嫌な顔つきをしてきつい物言いで嫌なことを言う、とまあ生きていたときと変わらず、夢の中でねこママは不愉快な思いをしている。

そしてつい昨日、三回目にあたるばあさんの夢を見た。
ねこママが外出先から帰宅すると家の中にばあさんがいて、穏やかな表情でねこママを見ている。心なしかうっすらと微笑を浮かべているようにも見える。着ているのはずっと以前ねこママがばあさんに編んだ鹿の子編みのニットベストで、寒くなるとばあさんは必ずこれを着ていた。

そしてねこママはばあさんの姿を見て驚き、「死んだはずなのになんで???なんで???」とうろたえて、まさか幽霊か?とその体に触れてみるとちゃんと実体はあるしぬくもりもある。納得のいかないねこママは二階にいるはずのダンナに「ばあさん、死んだはずだよね???」と言いに行こうと階段を上がりかけて・・・

そこで夢が途切れて他の無関係な夢が入り込みでもしたのかその先の記憶はない。
その日は一日寒かったせいもあるが、なんだか心さみしくてばあさんに会いたい気持ちがふつふつと湧いてきてやるせなかったです。
さて、ねこママはばあさんとやり残したことがあるのでしょうか、それとも・・・。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-18 11:16 | う~~~~む | Comments(0)

老後は

c0077465_14020343.jpg別に気になるというのではないが、ダンナが「俺たちと同じ地域の出身じゃないか?」と気にしていた、某タレントだかアーティストだかなんだか不明のこの人物。
名前だけで顔は知らないというのでテキトーに描いてみたのがコチラ➡

特徴をつかんでいるだけで、似てない。笑

ちなみに埼玉県出身だとかで、ねこママ夫婦の郷里とはてんで無関係でしたよ。まあいいけど。

ところで最近のじいさん、「家に帰れるかどうかはわからないが、ここは1から10まで全部面倒を見てくれるので、気楽に過ごせるのがありがたい」と言って、かっての「いつになったら帰れるんだ?帰りたい」と噛み付くようなそれでいてすがるような眼差しは落ち着いてきているので、ねこママもようやく落ち着いた気分でいられる。
そうして最近は、自分の老後の始末などいろいろと考えることが増えてきた。

でもさ〜〜、ダンナに
「ダンナが要介護の状態になったら私が出来る限り介護を引き受けるけど、私が先に要介護になったら遠慮なく施設に入れていいからね?」と言うと、勢いよく

「うん!」

と返事しやがるのはなんなのよ、もぉ💢


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-15 14:20 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

お宝番組を観て

「あなたの家のゴミをお宝に!」という類いの番組を録画して、ゆっくりと観賞(?)した。

亡くなった義母が大量に残したお茶道具を処分したい、という歯科医夫人が出演した回で、最終的に、買い取ってもらった金額が193万強となっている。
それで思ったのは、義母の遺産はたぶんその子供たちに支払われたと思うが、これらのお茶道具はすべて依頼者の御主人が価値もわからずに相続したのだろうか?ということ。
番組で贋作と知らされたとはいえ、生前は本物と思い込んで依頼者である嫁にも話していた義母のこと、他の子供たち(いたら、の話)にも(価値ある)掛軸のことは話してあったと思うのだけどねえ。

万一話していなかったにしても、それを売ることにした依頼人が代金を当たり前みたいに自分のお金みたいな感覚でいるのが意味わからない。まして、「家族には193万円で売れたと言おうか93万円だったと言おうか考えてる」、と言うのには何だかなあと思ってしまった。
お姑さんはあなたのために遺したわけじゃないでしょ。いくら遺品を整理するのに大変な思いをした、といっても、それはそれで別に考えることじゃないの????

ずっと以前、似たような番組で、亡くなったおばあちゃんから生前もらった大量のアクセサリーを片づけたいという孫娘の話をやっていたが(売上はいくらだったか忘れた)、こういうお金はちゃんとこの孫娘さんのものである。
…と考えると、義母のお茶道具を自分が贈与されたわけでもないのに193万円を自分が好きにしていいみたいに錯覚しているこの歯科医夫人はおかしいね。

なので、御主人のきょうだい(いたらの話)が番組を見たらどう思うのかなあ・・・と考えた今日の朝です。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-12 10:22 | う~~~~む | Comments(0)

絵を描きたいのに

じいさんの病院へ行く途中にある、小さな橋から見る風景。ここがとても気に入っている。タブレットを忘れてきたのでガラケーで撮った。
ここを描いてみたい、と思って、でも100均の水彩色鉛筆じゃ何だかな〜〜と思い、病院への道すがら寄り道して、以前に2回ばかり入ったことのある大きな文具店へ行ってみたのだが、9月の30日を最後に閉店しちまってました・・・。
なんじゃそりゃ〜!
息子が通っていた美術予備校への下車駅近くの画材店も閉店しちゃってるし、マルイのユザワヤも「店舗縮小➡消滅」しちゃってるし、ねこママはどこに行けばいいのだ。

とりあえず家の中をひっかきまわして子供らが昔使っていた絵の具を探し、なければホームセンターに行ってきます。やれやれ。

c0077465_08440660.jpg

[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-09 09:10 | ひゃああああ | Comments(0)

今日の今日

c0077465_15183927.jpg天才・浦沢直樹氏の新連載のヒロインがあのちびまる子ちゃんを思わせるというので、ねこママも浦沢氏の画像をパクり、顔だけオリジナルに仕立ててみた。
めんどくさいので体は描かなかったが、こうやってみるとやっぱ違うね。顔つきがいかにも平面的。表情に奥行きがない。

物語が全然わからないので表情のつけようもないんだが、わかっていてもねこママには奥行きまでは描けない。なんせあちらは天才中の天才だもんな〜(^^;)。画力でいうと日本で1、2位を争うと言ってもいいレベルのお人じゃないだろうか。

話変わり、昨日はまたじいさんの病院へ。
寝不足で体が重く動かないので1時間ちょい昼寝(ものすごい爆睡)してから行ってきた。
五分粥から七分粥に変わったとかで看護師さんが「毎日完食する」と言い、「顔色もいいし元気!」と言う。

つられてじいさんもガッツポーズをしてみせたが、いつになく無理してる感があるなと思っていたら、「体調は悪くないのだが右腕に力が入らない。字もうまく書けない。情けない」と言う。
「いちいちそんなこと気にしてもしょうがない。毎日御飯をちゃんと全部食べるようにすれば徐々に力はついてくるから!」と叱ったが、それでもなんだか浮かぬ顔をしていて、先が短いようなことを言う。

そりゃ94にもなれば先は長くないだろうが、珍しく弱気な風情なので帰宅して姉貴に「いい加減、見舞いに行ってきなよ、もうっ!!💢」とLINEすると、「明日、M(次男)と行ってくるよ)という返事。
行く行く行く月に二回行くよと言いつつ三回も四回もすっぽかしやがっているので信用ならないのだが、さすがに今回は行ってきたみたい。
「元気だったよ」というLINEが帰ってきたが、オマエは本当にちゃんとじいさんの様子をよぉ〜〜〜〜っく見てきたんか???と、やっぱり信用がならねえのでまた行ってハゲ増して(?)来なくちゃならないねこママさんであります。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-07 15:44 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

ただの日記です

不燃ゴミの日なので早起きして不要になった食器を出しに行ったら、夕べ遅くにダンナが出したはずの金属ゴミがきれいさっぱりなくなっている。
収集車が持ってったのか???と思ったが、早朝の6時台、こんな早くに来るはずがない。どうやら夜のうちに誰かが持ってってしまったようだ。

書籍などを夜のうちに出すと持って行かれてしまうので朝出すようにしているが、まさかあんなつまんない金属のゴミを持ってく輩がいるとは思わなかったですよ。おおかた売ってわずかなお金に換えるのだろうとは思うが、いくら金がなくてもそんな底辺な行いはするものじゃない。
しかし、本当に金がない暮らしというものをねこママは経験していないので、そういう人たちがそういうことをしているとしても何も言う資格はないのである。本当はね。

行きつけの本屋のバーゲンブックコーナーで「迷宮美術館」を半額で購入。残念ながら4集と5集しか置いていなかった。
発行日はなんと、2007年11月5日と2008年11月30日。倉庫できちんと保管されていたのか、そんな年月が経っているとは思えない。
c0077465_21180308.jpg

その後はキャベツやニラ、挽肉などを買って、ひさ〜〜〜しぶりに餃子。それ以外、特に書くこともない1日であった。

あ、ノーベル平和賞だが、あの三人(金・文・トランプ)のどれかが選ばれなくてホンットによかったよ。その点は近来まれに見る素晴らしく良いニュースだ。笑
まあ天下のノーベル賞の選考委員があんな茶番の政治劇にノセられるはずもないのだけどね。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-05 22:18 | ひとりごと | Comments(0)

秋も深まり

c0077465_20361720.jpgプレバトの影響もあってか何だか水彩画を描きたくなった。

絵の具も筆もないのでとりあえずダイソーに行ってみたが、筆はあるものの絵の具がない。まあ当たり前っちゃら当たり前です。絵の具のセットを100円で買おうなんて図々しいこと極まりない。

「水に塗らせば水彩タッチに!」というキャッチコピーの水彩色鉛筆を試しに買ってみたが、大丈夫かいな。
スットコ息子が美術予備校に通っていた頃、画材道具の中にいかにもチャチな代物があるので注意すると、「先生だって100均で買ったのとかいろんなもの使って描いてるよ」と反論してきたのを思い出す。

それで、値段の良し悪しでなくあらゆる物を使って表現するのが本当なのだ、と納得いったわけだが、ねこママは絵についてはド素人なんで、安物だったら安っぽい絵しか描けないですよ(^^;

別に高い絵の具を使えばお高級な絵が描けるってもんではないが、てんでうまくもないのに安物の画材を使うよりはマシ。どっちもゴミを生産したって点では同じなんだけど、少なくとも高い絵の具を使った方が「自己満足」というステキな加点がつく。笑

ところで景色についてねこママが眼をつけているのは、チャリでじいさんの病院へ行く途中にある小さな橋から北の方角を望む景色ですね。なかなか風情があっていいんだな〜これが。
一ノ割駅から霊園へ向かう途中にある農村地帯も古き良き武蔵野を思わせて大好きな風景だったが、お墓をS加駅チカに移してからは、その『武蔵野』がその後どうなったのかまったくわからない。

と、ここで念のためストリートビューで見てみたら、ありゃりゃりゃ!「古き良き武蔵野」の農村風景は消え失せて、ひたすら立ち並ぶ家家家。ただの住宅街に成り果てている。
「だろうなあ」と思いつつ、どうしようもなく落胆した。あの風景、ほんっとうに好きだったのに。
土地を売った人達は一時的にお金持ちになったかもしれんが、悔いは残らんかったのかなあ?

「春も深まる」とか「夏も深まる」とかいう言い方はしないのに、なぜ秋だけは「深まる」という形容詞がつくのだろうと思う今日この頃、皆さま風邪にお気をつけ下さいな〜。


[PR]
# by nekotamamako323 | 2018-10-04 21:26 | う~~~~む | Comments(0)