<   2008年 10月 ( 43 )   > この月の画像一覧

お金について考える

c0077465_211472.jpg今さらだけど東京大学大学院情報学環教授、姜尚中(カン・サンジュン)の本。

時の流れの中ですべての「価値」は変化しますが、「お金」だけは、「不変」の価値を持った一種の記号として、存在し続けることは間違いありません。侮りがたきはお金です。<引用>

日本人の社会ではどうしても、お金の話をするのは品がない、もしくは卑しいという考えが支配しがちだ。なので、お金のことをシビアに話し合わず「これこれの金額が欲しいのだが言わなくてもわかるだろう、察しろよ」的ななあなあの馴れ合いで済ませることが多い。

お金に対する態度がその人の人格を決定づけるじゃあるまいし、もらうべきお金はきちんと請求し、得体の知れないお金はもらわないというポジションに立って、ぶれないようにしていればそれでいいとねこママは思う。

しかし、姜尚中氏、カッコイイな。笑

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-31 21:15 | ひとりごと | Comments(0)

こんな歌、知らんわ

中学時代、12月から3月までの四ヶ月間を冬期寮で過ごしていた。
そこでは開寮式だとかクリスマスだとか卒業生を送る会だとかで、ひと冬の間に3~4回は全寮生たちが食堂に集まってパーティをするのであった。

なに、パーティといっても田舎のことだから、たいしたことをするわけではない。お菓子が出たりケーキが出たり(繰り返すようだが、新潟の田舎のことだからバタークリームのケーキですよ)歌を歌ったりゲームをやったりとかいう程度のもんである。しかし、なかなか面白かったのは覚えている。

どういう機会のときだったか忘れたが(たぶん卒業生を送る会の時かもしれない)お開き近くになって皆で歌を歌ったのであるが、そこで全く知らない歌が出てきて、かなり面食らった。
どう聞いても全然知らないというか今までただのいっぺんも聞いたことのない歌なのに、皆が声を合わせて歌っているのである。
呆気にとられつつも、自分だけが知らないという疎外感で置いてけぼりにされたような心持ちがした。

というわけで、わずかに聞き覚えた歌詞で検索してみて、ヒットしたのがこの歌だな。
http://bunbun.boo.jp/okera/mawa/yama_ko_uta.htm

ほんとにこれでいいのかどうかは存じませぬが、記憶にあるサビの部分が譜面と一致しているのでこの歌があの歌なんだろう。
ほんで譜面を見ていると、なんだか「けっ!」とか言いたくなるねこママだ。だってさ~~、ねこママだけが知らないでいる歌をみんなが歌うというのが許せんじゃないの~。

ところで・・・・・一番の歌詞、「山にこの歌」とは「山びこの歌」でね~のかい。

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-30 22:30 | にゃあにゃあ☆

<神奈川県立高>校長11月に異動 みなりで不合格
10月29日20時17分配信 毎日新聞


受験生本人の甘えについても指摘しろよ。
入試当日にきちんとした身なりが出来ない連中はどっこも悪くないってのかよ。

バッカじゃなかろうか。

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-29 22:33 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

仕事について

研修が終わり、本格的に仕事を初めて明日で一週間になるが、意外と面白くなってきた。今はS加市と隣のY潮市の住民の転入出をパソコンで処理して配達原簿や転送ラベルを作成するという仕事をやっている。

簡単にバタバタと片付くものがあるかと思えば、転出者の住所がなかなかヒットせず、番地やマンション名を入力して検索しても幻のように消え失せて、どこにいったのかさっぱりわからなかったり、転入出の状態が複雑怪奇、わけわからんものもあったりして、それをあれこれ頭を悩ませながら解決して処理してゆくのが結構楽しかったりする。

朝の9時から午後1時までの短い仕事だが、これから次第に忙しくなってくるみたい。特に2月3月は転入出がますます多く、仕事量が増えるという。
今のところ、朝は娘と夜勤を終えて帰ってくる亭主の弁当を作り、洗濯して掃除して家を飛び出すという状態だが、仕事している間は家のことやその他のモロモロのことを全く念頭に置かずにいられるのがいい。

考えて見れば、POPライター時代も仕事と育児と家事の3本立てで毎日てんてこ舞いだったが、おそらくその頃はアドレナリンが思いっ切り出ていたんだろうな。忙しくて自分の時間がなくて辛いといった思いはなかったように思う。

「忙」という字は心が亡ぶという意味でもあるが、そういう時間が一日のうち数時間でもあった方がメリハリがきいていいかもしれない。

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-29 20:53 | なし

From this va~lley they say you are~ going
We will miss your bright eyes and sweet sm~i~le
For they say~ you are ta~king the sunshine
Tha~t has brightened our pa~th for a wh~i~le.
Come and sit by my side if you love me~~
Do not ha~sten to bid me adieu~~~
But re~me~mber the Red Ri~ver Va~lle~y
And the co~w-boy is loved you so true~~.

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-29 09:51 | なし

いったん終わります。

皆さん、申し訳ありません。
私生活で忙しいことが増えてきて、ブログに時間を取られていられなくなり、いったん閉鎖させていただきます。

仕事面はこれから年度末にかけて忙しくなるのと、M原団地(出来た当時は東洋一のマンモス団地と呼ばれていたらしい)の改築に伴う転居が大変多く、処理する仕事がますます増えてくるかも?(職場でパソコンとにらめっこしているので、家では休みたいかな)
残業も増えてくるわスットコ娘が受験だわじゃブログに身が入らない。苦笑

アクセスは増えているのでロムの方が大勢いらっしゃると思うのですが、申し訳なく思っています。再開は来年の春以降・・・と考えていますが、どうなるやら。

では、一週間後に閉鎖ということで、よろしくお願い致します。
また会う日まで、SAYONARA!

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-24 06:51 | なし | Comments(29)

今日は午後から雨降り

仕事終了後に雨が降り出したので、勤め先近くのスーパーで買い物をすませてついでに傘を買った。298円!や・・・・安ッ!
どうせすぐブッ壊れるに決まってる。まあ、これも何かの縁だから、出来るだけなくさないようにしようっと。

これは帰宅して、庭先から携帯で撮った雨の風景。
c0077465_2015316.jpg

こちらは茶の間の縁側からの風景。みかんが全然実っとらんの!!
ピラカンサばっかり毎年毎年赤く実るが、ピラカンサなんてどうでもええから、みかんがどっさり実って欲しいのよ・・・・涙
c0077465_20143432.jpg

そういえば、今日はスットコ娘の18才の誕生日であった。
<一年前の誕生日はコチラ>↓
http://nekotamano.exblog.jp/7237943/
今年の誕生日のプレゼントはフード付きの黒いコートですな。
赤ずきんちゃんの暗黒版といった体で、なかなかかわゆいんですぜ、フン。笑←なんだ、フンてのは。

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-23 20:27 | あ~あ・・・ | Comments(2)

今朝はいささか辛口

中島義道の本を読み返して、どうしてもやっぱり気になる個所があるのでそこの部分を紹介してみる。

「(略)東京美術館で、とりわけレベルが高いと評判の「新制作展」と私たちの絵画教室の多くの生徒が出品している「東京展」の2つを見ただけで、くたくたに疲れ(略)」、「だが肉体の疲労より『こころの疲労』ははるかに大きかった」

と述べ、

「こんなに多くの作品が、また画家が必要なのであろうか?」と自問し、「明らかに必要ではない」と答えざるを得ず、虚しさがじわじわとからだ中に広がっていきました。(略)書(描)きたければ、いくらでも小説を書いても、油絵を描いてもいいのだけれど、おびただしい作品のほとんどはー自分にとってどれほど大切であろうとー社会的にはゴミ同様の扱いを受ける、と言いたいだけ。
<『私の嫌いな10の人々』より抜粋>

まあ、確かにそうですね、フッフッフ。
ねこママから見れば、世の中にはやれ個展だの展覧会だの美術展だのというものがあまりにも多過ぎる。ダ・ヴィンチの時代に、必ずしも絵描き志望というわけでもないアマチュア画家がこれだけひしめいていて、あっちこっちの会場で展覧会をやらかしているとしよう。
それだけで、

ダ・ヴィンチを鑑賞するのに邪魔だ

という気がしませんか?
いえ、中島氏はそういう意味で言ったわけではないんですけどね。

また、人はよく自己表現だとか自分の表現したいことを表現するとか言うが、それが社会的に受け入れられ、かつ市場価値がつかなければ、社会という大きな世界には必要のないゴミ(と中島氏は言うが、言い過ぎだよな)にしか過ぎないということ。そういうおびただしいゴミが排出されているということに中島氏は虚しさを感じたようなのだが、ねこママ、何だかわかる気が致します。

自己表現というのも、形にすると家中に作品がひしめき、個展や展覧会に出すとダ・ヴィンチを鑑賞するのに邪魔になり(いえ、単なる比喩です)、売ろうと思っても売れず、またひねくれ者にはゴミ扱いされ、といいことがない。
そこで考えたのだが、その自己表現とやらを人格において発揮するということは出来ないのか?

人格でもって自己表現。

面白いと思うなあ。

とにかく、
我々は自己表現という名のゴミを排出している。
と、ふとシニカルに考えてみる瞬間があってもいいのではないかと思うある朝のことでありました。

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-22 08:17 | うふっ | Comments(3)

疲れて判断力鈍ってる

つ・か・れ・た~~~~。
やっぱりねこママ、年寄りです。
「簡単なパソコンの入力」と言うので真に受けたら、いやはやデータから見える郵便業務の複雑怪奇でわけわからんこと。流れと仕組みを覚えるのが大変だ。
いや、全体を掴めばどうということないが、初めての人間の頭には「???」と「?」がいくつも点滅致します。まあ、慣れるまでの辛抱だし、そのうち慣れるから今が大変でも全然気にしないけどね。

さて、うちのプリンターがインクパットの吸収が限界に達しているとやらで動かなくなった。
難聴協会をやめて会報の編集部長も降りたことだしあまりプリンターに用はないが、スットコ息子が「芸祭(http://geisai.alljapan.com/)が近いからプリンターがないとやばい!!」と言う。
「ジョーシンを通じてメーカーに修理を依頼するけど日にちがかかるかも?修理期間の許容範囲は何日?」と聞くと

「今日中に」

だってさ。
慌ててジョーシンに行き、「治るまでにどれぐらいかかりますかね」と聞いたら気の毒そうな顔をして、「1ヶ月ぐらい」と言うので思わず「うひゃ~~~~っ!」と声が出た。芸際終わっちまうじゃねすかフェ。
c0077465_219528.jpgえい、この際だからスキャナとプリンターが別々なのは場所塞げだからやめることにしよまいかと、新たにスキャナつきプリンターをお買い上げ。
金がないのに、無駄遣いなのかこれでいいのか、もはやわけわかんねくなってるねこママです。

あ、ついでに言うが、

パソコンデスクの椅子も壊れてひん曲がっています。

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-21 19:44 | ひゃああああ | Comments(4)

研修第一日目

本日は研修。渡されたテキストは「新規採用非正規社員 防犯・コンプライアンス教材」
中身はいやはやもう、会社内の各種の犯罪事例やらいかに犯罪を犯そうとこれこれこういう理由で必ずバレるということやら「ねこたさんの職場は郵便物、小包、現金書留などすぐ手が届くところにある。また切手などを保管することもあります。犯罪は犯してはならないことなので、やらないようにお願いします」やら。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

誰がやるかよ。

c0077465_20272439.jpgしかし、履歴書には趣味が「切手収集」なんて書いちゃってるし、何かあったら疑われてしまうのだろうか?とものすごく後悔しちまいました。

お昼は食堂で梅と明太子のお握り、ミネラルウオーターで昼食をすませ、午後の研修に臨んだら・・・・白眼がむき出しになりそうなぐらい眠かったです、はい。

画像は、豚肉の薄切りで拍子木に切った厚揚げを巻き、醤油とみりん、砂糖で甘辛く焼き付けたもの。あとはエビチリ とかとかとかとか←何じゃそりゃ。はい、エトセトラってことですねぃ。

[PR]
by nekotamamako323 | 2008-10-20 20:30 | にゃあにゃあ☆ | Comments(0)