<   2009年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「20世紀少年」

「20世紀少年」の第一章をテレビで見た。
本当は映画館で観たかったのだが、字幕付きの上映は日にちが限られている上、その日は都合が悪くて結局観られなかったものだ。
原作本の方は、あいにくと2巻までしか読んでいない。スットコ息子は高校の図書室でだいぶ読んだらしい。が、「ともだち」の正体を知るところまでは読んでいないという。

いったい、現在は何巻まで出ているのか?映画では「ともだち」の正体はわからないままだが、原作ではすでにわかっているのか???とまあ、まるで知識もないままにテレビを見たのだが、いやはやすっげ~面白かったです。でも、この面白さはほかのおばさん連中にはまるでわからないもんなのね。「ごめん、ああいうの興味ない~~」と言われて、結構腐りました。
あああ、この面白さを同世代のオバサン達と分かち合いたいったらありゃしないのにっ!笑

ところで肝心の「ともだち」の正体だが、映画はやはりコミック(原作)よりはわかりやすく出来ている。
この物語は何がなし不自然な部分があるが、コミックではそれは巧みに隠されて、「ともだち」の正体がてんでわからないよう描かれている。しかし、映画になるとその微妙に不自然な部分に気づく人間と気づかない人間とに分かれるのだろう。気づく人間はおそらく、原作を読んでいなくても「ともだち」の正体がそれとなくわかるはずだ。

そこが原作を映画化することの欠点なのかもしれない。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-31 22:02 | ひとりごと | Comments(0)

忙しい

本日、スットコばあちゃんは入院し、金曜日の夕方に、全身麻酔で折れた右手首の骨に金具を取り付ける手術をすることになった。

ねこママも定期検診でKヶ谷市の市立病院へ行ってこなければならず、他にいろいろなこともあって何だか疲れてきた。
職場の方ではKさんが「脂汗が出るほど」の右脇腹の痛みで休んでいる。
ねこママまで入院することになったら、スットコ娘も受験の追い込みだし、困っちまうね。

ま、そんなわけで気持ちに余裕がないので当分ブログはお休み。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-28 08:52 | なし | Comments(0)

昨日の今日

土曜日の夜9時過ぎに、スットコばあちゃんが寝室で転倒して右手首を骨折してしまった。
ばあちゃんはベッドに寝ているのだが、じいさんは畳に布団を敷いて寝ている。その布団のへりを踏んで足がすべり、手で体を支えようとした場所にちょうど布袋に入った、使っていない湯たんぽがあり、複数の要素がからまっておかしな具合にひねってしまったらしい。

痛がるので手首を触ってみると、何だか骨が変だ。
じいちゃんがあちこちに電話をしたが、S加市には受け付けてくれる病院がないのが判明した。S加市立病院で教えてくれた、越谷の市立病院へ行くつもりでタクシーを呼ぼうかと思ったが、救急車で行った方がタダですむので救急車にしたら、M郷市の総合病院に運ばれたらしい。
らしい、というのはスットコ亭主が仕事で不在なのでねこママは行かず、じいちゃんが付き添いで乗って行ったからである。

レントゲンを撮ったら案の定骨折で、とりあえず痛み止めをもらい、改めてS市の市立病院で受診する為に借りてきたレントゲン写真を持ち帰ってきた。
薬がよほど効いているらしく、「全然痛くないよ」とケロッとしているが、利き手なのでまったくもって困ったものだ。

しかし、2年ほど前にねこママが腕をくじいた時は、非常な痛みを伴ったにもかかわらず、何故だか医師は痛み止めを出してもくれなかったのを思い出す。
まるで陣痛のように痛みの波が来てはまた去ってゆくといった具合で夜も眠れず、非常に辛い日々であった。
なんで痛み止めをくれなかったのだろうね???
「痛くて我慢出来ないから薬をくれ!」と要求しなかったねこママもつくづく不思議である。

c0077465_2130556.jpgまあそんなわけで昨日も今日もやることが多くて落ち着かなくて、あいさつ運動のポスターをまだ描いていない。
大丈夫なのか?ねこママ。

画像は、スットコ娘が食ったコージーコーナーのケーキ。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-25 21:33 | ひゃああああ | Comments(0)

日記だね

難聴協会を退会してからあと二ヶ月ほどで1年になろうとしている。協会の中であれやこれやと過ごしてきたことが、何だかずいぶん遠い日の出来事のようだ。
協会を退会したかと思えばまた入会したりを繰り返す人もいると聞くが、そこしか行くところがない、と感じる人にはそれでいいのかも知れない。

会員だった頃はそういう人達の事を批判的に見ていたが、今は「自分がいたい場所を求めるのが当たり前」という気がしている。なに、退会して、もはや自分には関わりのない人にしか過ぎないので言えることなのだけどね。

ただ、「自分がいたい場所を求める」のはいいが、その場合は、自分を周囲に同調させる努力も必要だ。周囲を自分に同調させようとして、無駄な喧嘩をしかけるのはよろしくない。・・・・などと人のことを言えた義理じゃないけどさ。笑

妖怪ワガママババアのJ子さんだとか、空気が読めなくて人を凍らすような発言をするT子さんだとか、身勝手クソジジイのK氏だとか、甘ったれもいい加減にしろジジイのB氏だとか、人を踏みつけてのし上がろうとする頭の悪いY女史だとか、世界は自分が動かしたいように動くべきだと思ってるスットコトンマのK藤氏だとか、まあいろいろな人がいましたね。
お隣のS市協会にも、人をウンザリさせるような問題児がいるらしい。
役員をやる気もないくせして、役員や協会のあり方について文句を言うことばかりいっちょまえ。

うわあ。

大ッ嫌いなタイプ。

会員数のたいして多くない難聴協会でもこれだけいるのだから、、圧倒的な会員数を誇る某聴覚障害者の協会はなおさらだろう。
しち面倒な人間関係には巻き込まれたくね~なあ・・・・とつくづく思う今日この頃だ。エネルギーがなくなったのではなくて、長いようで短い人生、面倒なトラブルにかまけて時間を潰したくないものだとねこママは思うんですら。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-23 23:49 | ひとりごと | Comments(0)

仕事のこと

ここ数日、仕事の面で処理が厄介な事柄に出会うことが増えてきて、新たに覚えなけりゃならないことが次々と発生している。
なので、体は疲れていないのに脳味噌が疲弊している。
今までにないパターンに出会うたびに処理の仕方を教えてもらうのだが、面倒なんですね~、これが。

そもそもの基本的な処理は決して難しいものではない。
しかしさ~あ、住宅というのは、ある日、何もなかったはずの場所に建ったり、かってはあったはずの場所が更地になっていたりと流動するものだ。
それをそういった情報もなく、現地に行きもせずにパソコンで処理するってんだから、何がどうなっているのやら厄介な作業になることが多い。
しかも、長いこと手書きで処理していたので、パソコンのデータベースに入っていないデータがたくさん残っている。

それに、例えば丁目、番地、号などはそっくり同じなのに、転居届じゃ「なんとかハイツ」になっているわ、なのに居住者の情報を記した原簿カードには「おっぺけぺ荘」となっているわじゃどうしようもない。
同じ番地内になんとかハイツとおっぺけぺ荘のふたつの建物があるんかい???
とか思ってさんざんぱっら悩むのよ。
もう少し慣れたら仕事の見通しがよくなって、何をどう処理すればいいのか理解出来るようになるんだろうが、そこまでいく道のりがきっついざます。

ねこママに仕事を教えてくれているKさんは、そこまでいくのに「すっごい頑張ったんだよ!!」と言うが、勘弁してくれ、ねこママは年寄りだ。笑
まあ、とにかくやるしかないよなあ。

というわけで(何が?)、3回目の給料日。今回は残業が多かったので少々多い。下ろしもせず通帳を確認もせず、ほったらかしである。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-22 23:43 | あ~あ・・・ | Comments(0)

センター試験 の続き

Uさんから、
「今年のセンター試験の英語は全体的に難しくって、河合塾の話では平均が100点ぐらいだろうだって!200点満点だから半分だね。大変だよね!」
と言ってきた。

スットコ娘の学校ではその平均点をはるか~に超えてはいるが、それでもいつもなら英語の点数はU和高校やO宮高校を抑えているのに、今回はコケて負けてしまっているという。
ちなみに娘の点数は「U和一女の平均点を超えてるよ」という程度だそうだ。

へ~、そうなんですか。

しかし、ほんとに何で今年に限ってエーゴがそんなに難しかったんだ。

そんな難しい問題出すなよ!

そんなに受験生をいじめたいか。

と言いたいが、それとは裏腹に、結構面白がっていたりするねこたさんであります。
まっ、要するに、

高みの見物。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-20 21:45 | ひゃああああ | Comments(0)

センター試験

センター試験 予想平均点5~24点下降
1月19日8時3分配信 産経新聞


英語がメッチャ難しかったというのはスットコ娘から聞いた。
長女が国立大を志望している友人が、

「英語が得意で悪い成績なんて取ってきたことがなかったのに、失敗したと言ってショックを受けているの。なんで失敗したのかわからない、だって」

いやあ、うちの娘もさ~あ、英語はセンター試験の過去問集ではいくらも間違わないのに、今回のセンターはてんで難しかったみたいよ。何でだろ?

娘の学校は英語がペラペラなのが多いのだが、それでも口々に「英語が・・・」「英語が・・・・」とその難しさをぼやいていたらしい。
すでに国立大学の教育学部を推薦で合格しているAちゃんでさえ、いつもなら「こ~んなのがわかんないの~~~ぅ???」と小馬鹿にしたように言うはずが沈黙していたというのだから、どんだけ難しかったかってことやね。

今日、仕事場で息子がやはり国立大学(しかも理系)を目指しているYさんが憤然とした口調で、「英語がダメだったみたいよ!難しかったって!数学も・・・もうお手上げ!」だと。
いや、数ⅠAだけならまだしも数ⅡBもとなるとそりゃ難しいでしょう。(^^;

京都大学の模試で、あと1点取れば「A」だというFくんはどうだったんだろう?
とスットコ娘に聞くと、
「難しかったのかも?メールが来ないモン」

そっか・・・・。いつもなら余裕シャクシャクでメールをよこすはずのF君でさえ寡黙になってるんか。まあ、娘はセンターの成績無関係の一般入試を受けるのでのんびりしたもんですが、全くもっていやなシーズンであります。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-19 21:12 | ひゃああああ | Comments(0)

光が見えないね

相も変わらず、派遣切りや増加の一途をたどるホームレス関連の不景気なニュースばかりでどうしようもない。ふと、高校の時に習った、山上憶良の貧窮問答歌を思い出す。
五七調がリズミカルではあるが、その分、庶民の当時の悲惨な暮らしぶりが薄まって感じられるというものでもない。繰り返し読むと次第に気が滅入ってくること受け合い。しかし、それでもどこかに突き抜けたものがあるような気がする。
それが何かと言われると返事に窮するが、これが絵空事の歌だったら、おそらく得られることのないだろうという感覚だとしか言いようがない。

以下は問いではなく答えの部分。正直言って問いの方はよく覚えていないので載せない。


天地(あめつち)は 広しといへど 吾(あ)が為は 狭(さ)くやなりぬる 日月(ひつき)は 明(あか)しといへど 吾が為は 照りや給はむ 人皆か 吾のみや然る わくらばに 人とはあるを 人並に 吾も作るを 綿も無き 布肩衣(ぬのかたぎぬ)の 海松(みる)の如(ごと) わわけさがれる かかふのみ 肩にうち懸け 伏廬(ふせいお)の 曲廬(まげいお)の内に 直土(ひたつち)に 藁(わら)解き敷きて 父母は 枕の方に 妻子どもは 足の方に 囲み居て 憂え吟(さまよ)ひ 竃(かまど)には 火気(ほけ)ふき立てず 甑(こしき)には 蜘蛛の巣懸(か)きて 飯炊(かし)く 事も忘れて ぬえ鳥の のどよひ居るに いとのきて 短き物を 端きると 云えるが如く 楚(しもと)取る 里長(さとおさ)が声は 寝屋戸(ねやど)まで 来立ち呼ばひぬ 斯(か)くばかり 術(すべ)無きものか 世間(よのなか)の道 世間を憂しとやさしと思へども 飛び立ちかねつ鳥にしあらねば

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-18 00:45 | あ~あ・・・ | Comments(0)

もう卒業

スットコ娘の卒業式は3月9日だそうだ。
「出席」のところに丸をつけたはいいが、出席人数は何人か、とある。
式そのものは1時間半ほどで終了するのだが、聴覚障害者情報センターに要約筆記者の派遣依頼を申請したついでに、派遣人数をお知らせ下さいと書いて送信した。
ほどなくして、「要約筆記者の名前は2月7日までに連絡する」ということと、「派遣人数は2名です」ということを知らせてきた。

・・・それにしても卒業式、ですか・・・・。
入学式の日に、桜舞う校門で写真を撮ったことがまるで夢のようだ。あの頃のスットコ娘は念願のU和一女に入学出来る喜びと誇らしさで精いっぱい輝いていたっけ。

それがもう卒業してしまうんだなあ。

なんだか胸がちくんとする。自分が卒業する時には感じなかった痛みだ。
ねこママの卒業式の時、母が(今はスットコばあちゃんだね)浮かぬ顔をしていたのを思い出す。
「卒業して欲しくないの?」と聞くと、「うん」と、そこだけはハッキリと返事していたっけ。
あの時の母の気持ちがわかるような気持ちがする。
自分の子どもが自分の手の中から抜け出していくような寂しさ、心許なさにとらわれてしまうんだよな。

まあ、ともかく当日は泣くのか笑うのか知らんけど、娘に楽しい日々を過ごさせてくれたU和一女には心から感謝したい。本当にいい高校だったよ。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-16 22:47 | にゃあにゃあ☆ | Comments(0)

コーヒー豆をもてあます

うちのスットコじいさまが、業務用スーパーで500グラム入りのコーヒー豆を買ってきた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何考えてけつかりまんねん。

うちにミルなんてあったか???

よくよく聞いてみたら、普通のインスタントコーヒーだと思って買った事が判明。
「豆」と書いてあるじゃねえか。
袋の上からでも、手触りが豆だってのはよくわかるじゃねえか。

レシートは捨てたというので返品も出来ん。どっかのスーパーのコーヒーコーナーにある器具で勝手に豆を挽くわけにもいかんしな。(ちなみに買った店には器具置いてない)
友達に、「コーヒー豆をやる。ミルがあるならね」とメールしたら、

「ありがとう。
でもうち、ミルがないの!!!!!!!!!!」

だと。
なんじゃい、この「!」の大群は。

ま、そんなわけでコーヒー豆、もてあましております。

[PR]
by nekotamamako323 | 2009-01-14 22:57 | ふんとにもぉッ | Comments(0)