今日の日

浅草のマルベル堂をスットコ娘と通りかかったら、入り口にびっしりと若き日のヒデキのブロマイドが展示してあり、店主の追悼文が添えられていた。その横にも新御三家時代のひろみやゴローのブロマイド。みんなみんな若かったよなあ・・・としみじみとした気分になった。

狭い店内を娘と見てまわって、それなりにファンだったスター(アイドル)のものを見つけたりしたが、だからってどういうこともない。
ママ友なんてヒデキの死を知って以来、ショックのあまり力が抜けて交差点でチャリごと転倒したというが、ねこママはドライというか冷淡というか、そこまで誰かにハマりまくったという経験がないので今ひとつよくわからない。
とりあえず、マルベル堂の入り口にヒデキのブロマイドがたくさん出ていたよ、ということだけ連絡しておいた。

帰宅すると、社会福祉協議会から「難聴者の集い」参加案内の手紙が来ていた。内容は「聞こえないってどういうこと?〜自分の体験〜」と題するミニ講演会と懇談会。
最初は行こうかなと思ったが、講演会のテーマを見たら行く気がしなくなった。

普段の会話の中で問われて聞こえなくなった理由などを簡単に話したり、また聞いたりということはあるが、わざわざ講演という形にしたものなんて聞きたくもないし興味もない。聞いたところで、「だから何?」とか思いそうだ。
懇談会には興味はあるが、講演についてはどうでもいいですね。
ちなみに対象者は「難聴者や中途失聴者」とあるものの、(主に補聴器や筆談等でコミュニケーションを図る方)ともある。「手話で」の言葉がないというのはどういうこった。

ねこママは補聴器は役立たずだし、筆談も面倒くさい。
こっちがスラスラと書いてみせて向こうがスラスラと読んでくれるならいいが、読むのにものすごく時間がかかって、さらに内容をつかみ取るのに時間がかかる、って人もいるのである。これが面倒くさくなくて何だというのだろうか。

さらにさらに、書くのにすげ〜時間がかかるって人もおられるし、ねこママ、年を経るごとに面倒くさいことが面倒くさくなってきているんですね。なので、最初っから手話が通じる人でないとつき合いきれんわ〜〜と思ったり致します。

性格悪い?

そうなんですよ。


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-31 22:10 | ひとりごと | Comments(0)

くず(?)茗荷で

c0077465_22275347.jpg数日前から買おうかどうしようかと悩んで(?)ようやく買う気になった茗荷。

なんで悩んだかというと、ちゃんと形成された茗荷ではなく、外側のはがれたやつだとか長く伸びた茎状の部分を切り落としたやつだとか、要するに売り物にならず捨てられる部分を集めた袋だからですね。

で、昨日はやっと買う気になったわけですが、たったの99円なので2袋買いました。

帰宅するなりざくざくざくざく刻んで水にさらし、ザルに上げて水気を振り落としてからタッパーに移します。鷹の爪を二本ばかり種を取って輪切りにし、これもタッパーに放り込んで麺つゆをドボドボドボと入れて醤油も少しだけ足しておきます。好みで酒を少し入れてもいいかもしれない。さらにまたニンニクを一緒に漬け込んでみてもいいかも知れない。
一晩置いとくとゴハンのお供にぴったりの美味しい副菜が出来上がります。

次回また買ったら今度はかき揚げにでもしてみようかなと思っている。


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-27 22:46 | 料理・お菓子など | Comments(0)

オーノー!!

c0077465_19463609.jpgさて洗い物をして床を掃除しようとして、ねこママ思いっきりメマイが致しました。

・・・なんだなんだなんだ、この模様のズレっぷりは???

フローリングマットをきちんと測って切り出して模様を作ったはずなのに、いつのまにやら柄がズレている。ねこママ頭がおかしくなってて、ちゃんと測ったつもりが実はそうでなくデタラメな模様を作り出していたのだろうか???

しかもそれに気づかぬまま、日にちが経っていたの???

なんせ30代後半の知人が異常に物忘れするようになって、行動もおかしいというので仲間うちで深刻に語られていたりする昨今である。ねこママだって知らないうちにボケててやることがおかしくなっていても不思議はないのだよね。

c0077465_19471680.jpgとにもかくにもメマイをこらえてよくよくよくよく見ましたらば、何のこたあない、地下収納の左側のフタを逆に閉めていただけのことであった。

うぬ、そういえば昼間、じい様がここから果実酒を取り出して2ℓのペットボトルに移し替えていたなあと思い出しました。その際、フタを逆にはめ込んだみたい。

まったくもうッ!💢
プリプリしつつフタを閉め直したが、いまだに腹が立つ。笑


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-26 20:59 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

日大監督とコーチの会見

何よりかにより、

史上最悪のろくでもない司会者

であった。

でもまあ、我を忘れて自分の意見をいい、我を張りまくる司会者というのは確かにいるんですよ。誰とは言わないが、なまじの素人がやるとこうなるよね。


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-25 10:16 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

「潰せ」とは???

QBを潰せ、というのが「思い切って当たれ」という意味だというなら最初からそう言っとけばすんだ話じゃないの?と思う。なんでわざわざ「潰せ」という言い方で伝えなければいかんのか。
相手がケガをしたら御の字のような言い方もしているし、万一宮川君が「潰せ」の言葉を拡大解釈していたとしても、それはそうならざるを得なかった監督やコーチの責任でしょう。

それに、相手の選手にも慈しんで育てた親御さんがおられるというのに、「潰した」その結果ケガをしても構わない的な物言いは人(選手もその親も)を人とも思っていないってことを露呈している

サイテ〜だね。💢

宮川君の会見を見ていて、ねこママは正直胸がチクチク痛かったです。自分にも息子がいますしね。
それでも顔を出さなければ本当の意味での謝罪にはならないから、とじっとうつむいて耐える姿を見て、世の中の親たちは我が子の姿を見るような思いをしていたんじゃないかと思う。だって、ついこの間まで未成年だったわけですし。

しかし、伊調馨選手のときもそうだが、
監督ってそんなにえらいもんなの???

いざとなると辞職して逃げりゃすむと思ってるもんばっかりじゃないですか。


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-23 13:32 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

ヒデキショック その2

ママ友が大の秀樹ファンだったとかで、ショックが大き過ぎて家にいるときはずっとスマホで彼の歌を聴いているという。顔も髪型も声も歌もスタイルもぜ〜〜〜んぶ「どストライク」で、永遠に秀樹ファンなんだという。

「ヒデキに会いたくてよく六本木をうろついてたよ!」

コンサート行く方が確実だべ。

「部屋だけでなく押入れの壁とか天井とか、窓以外はぜ〜〜んぶヒデキの写真を貼ってたもんね!ヒデキが載ってる『平凡』や『明星』をよく買ってた!」

思わず「私も『愛と誠』を観に行ったよ!」と言い返すと、

「役の上とはいえヒデキに彼女が出来るのはイヤだから観に行かなかった!だから相手役の女優、大っ嫌いだった!」

「・・・・・・・」

スミマセソ。
ねこママはその女優さんが好きで部屋にポスター貼ってましたよ。原作とイメージが違う感じではあったが可愛かったので。でもその女優さん、数年前に亡くなりましたよ・・・。だから嫌うな。

「ドラマでヒデキに骨折させた○林亜星のことも大っ嫌いだった!」

うわぁ、かなわん。わざとじゃないべ。

「大学時代はノートの表紙にも裏表紙にもヒデキの写真をベタベタ貼ってたよ!」

大学生にもなってか。

いや、それはそれでいいですよ。なんせ、あっという間に駆け抜けた青春時代の、古きよきそして懐かしくも遠き思い出なんだもんな〜・・・。さよなら、ヒデキ。


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-21 22:31 | う~~~~む

ヒデキ、ショック

西城秀樹氏死去。何とも言えない気持ちだ・・・。

「恋する季節」で最初にTVで見たときは、ずいぶん図体の大きな歌手だなあぐらいの印象しかなかった。それまでの男性アイドルというのは170センチに満たないようなのがまだまだ多く、そこへいきなり180センチになんなんとする者が現れたので、絵面的に見慣れないというかなんというか。

昭和30年生まれだというが、絶対ウソだと思っていた。新御三家と呼ばれていた他のメンバー、野口五郎氏や郷ひろみクンなどは年齢相当に見えていたが、西城氏はなんだかシワが多く、もっと上の年齢だと思っていた。
そのシワが中年になっても「若いときとあまり変わらない」的な雰囲気を醸し出しているので、それもまんざら悪いことでもなかったのかも知れないなあ・・・と思っていた矢先に死去したというニュース。

最初は「三度目の脳梗塞に見舞われたのか」と思っていたらまさかの急性心不全。本当に何とも言えずやりきれない気持ち。
別にファンというのでもなかったが、スティビー・ワンダーの作詞作曲による「愛の園」(⬅リンクはこちら)はとても好きだった。確か、スティビー本人が「ヒデキ・サイジョウに歌ってほしい」と言って自ら作詞作曲したという話で、シャウト系ばかりでなくこういう歌もたくさん歌えばいいのにな、とも思っていた。

性格がよかったのかあまり悪い話もきかなかったように思う。遠い日の自分の思い出がひとつ消えたな・・・と、胸が痛いような心持ちでいる今日のねこママである。






[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-18 14:03 | あ~あ・・・ | Comments(0)

週2でデイへ

c0077465_15135336.jpg昨日はK市へ用事で出かけたついでに駅前のビルで買い物した。
100均ショップのSeriaが入っていたのでついでに覗いてみて、包丁スタンドとカワかっこいい猫のシールを二枚購入。

そして今日はケアマネさんが来て、じいさんにいろいろ話を聞いたりねこママに週二回利用の場合の料金を説明したり。
料金なんていくらかかってもどうせ自由になるお金が沢山あるんだから(じいさんがよ)どうでもええですが、肝心なのは週2で行ってくれるかどうかだ。

ママ友んところではおばあさんが週3でデイを利用できるのに、デイでさんざんっぱら喋って好き勝手なことを言ったりして楽しく盛り上がっている割には週イチでしか利用してくれないという。

じゃあ、おじいさん同士であまり話すこともなく、運動機能の向上訓練や脳トレ、ゲームなどをする以外はもっぱら本を読んだりパンフレットを見たりして時間を潰しているというじいさんはなおさら週2でも行きたくなかろう。
なので、ケアマネさんに「私から話してみます」と言われても「どうせ無駄だわよ」と思っていた。

結果・・・週2を引き受けてくれました!!!

ばんざーい!!!

自由に過ごしていい日が1日増えるうううぅ!!

ママ友に「週2でデイに行ってくれることになりました!」とLINEしたら、「よかったね!どうやったの?」という返信。
知りませぬ。笑
ケアマネさんはとくに何もしていないが、要支援1が2になったことと、その際にかかる費用についての説明をてきぱきとしてくれ、じいさんの体の状態などを聞きながらいつの間にか週2で利用する方向に押し出してくれたという感じ。笑
うまいなあ。

ママ友によれば母上は「デイであれをやったら次はこれ、これをやったら次はそれ、という具合に規則的なことをやらされるのがイヤなんだと思う。すっごいわがままなんだから」ということだが、ねこママ冷汗かく思い。それってまるっきりねこママのことですが。(^^;
だから部活もまったく出来なかったし、曜日や時間に縛られるのがイヤで一回か二回出ただけであとはトンズラしまくってうちへ帰ってマンガ読んでましたのよ。

そうか、ねこママの老後は「子の気も知らずデイにも行ってくれないすっごいわがままなばあさん」と決ったようなものなんだなぁ。困ったもんだ。笑


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-16 15:49 | にゃあにゃあ☆ | Comments(0)

手拭いに紐???

c0077465_14071198.jpg10年近く前に買って、あまり着ないままに放置していたTシャツをランチョンマットにリメイクしてみた。裏側に接着芯をアイロンで貼り付け、縁はお試しで両面テープ。

洗濯を繰り返せばはがれてくるかと思ったが、意外とそんなでもない。きちんとたたんでネットに入れて洗えばまず大丈夫。
はがれてきたら、その時点で改めてチクチク縫えばいい。

なんせ繰り返すようだが家庭科は筆記試験以外、大の苦手。最初からあまりちゃんと作ろうとすると思いっきり挫折致します。洋裁の得意な人を見るとうらやましいなとは思うが、苦手ではあってもたいして困らないので構わないのです。

子供の頃、ねこママがあまりにも家庭科の裁縫嫌いなのでばあさん(母親ね)に「結婚したらどうする気だ」と叱られたことがあった。でもってどういうわけだか「ふんどしが縫えなかったらどうするのか」と言われたんです。

ふんどし?????!

いつの時代の話だ。ねこママの世代じゃダンナがフンドシ穿いてるなんてことはありえないでしょう。
だがばあさんは下らぬことに妄想を働かせて一人で怒るという始末の悪いところがあるので、ねこママは追いつめられて
「手拭いに紐をつけりゃいいじゃん!」
と言い返した。

「バカ、それじゃ長さが足りない」と言われ、「足りる!」「足りない!」と二人でやり合ってゲラゲラ笑っておしまいになったのだが、針と糸を持つとなぜだかこのことを思い出す。そしていつもつい苦笑してしまうんですねえ。

しかしこの話、以前チラッと書いたような気がするな。笑


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-14 14:27 | ハンドメイド | Comments(0)

今日は母の日

今日は母の日だけど、連休にスットコ娘が遊びに来たときに「何にもしなくていいから。こういうことは好きじゃない」とはっきり言ってある。

「私も若い頃は母の日に何かせねばとかプレゼント買わねばとか思ってた。親の恩は海よりもなんとかかんとかとかいう言葉に縛られていたからね。でも、自分が子を持って親になってみるとわかる。自分の子を持った以上は育てるのが当たり前だしゴハンを食べさせるのも学校へやるのもみんな当たり前。その当たり前のことに感謝してもらおうとは思わない」

それで理解してくれたと思っていたのに、今朝になって娘がLINEで
「母の日の手配してないけど今度なにかするのでお待ち下さい」
と言ってきた。
「いやいや、そゆこと好きではないからスルーしてくれない?華麗なるスルーを」
「向こうにだけ何かするわけにもいかんのよ」
無効には何をしたの?」
クソ。予測変換機能ってこれだからイヤだ。笑
「まだやってない」

バカモン、早くやれよ。
ねこママはものすごくドライな性格だが、あちらのお母さんはなかなかウェットな性分だというじゃないの。結婚式の時にも、K君と娘が腕を組んでチャペルに現れたら早くも泣いていたらしい。が、ねこママが最後までシャラ〜〜〜ッとしているので、その表情の対比が面白かった、と二人は後で皆に言われたそうだ。

うん、だから早く向こうに何か送っときなさい。もはや間に合わないけど。
うちの分はいいが、どうしてもと言うならねこママの口座にいくばくかのmoneyを振り込んでくれたまい。⬅いやらしい。笑


[PR]
by nekotamamako323 | 2018-05-13 16:20 | うふっ | Comments(0)