トマトは何で食うの?

今晩はヒジキの混ぜ御飯にしようと思い立ち、冷蔵庫に鶏の手羽元があるからゆで卵と一緒に煮て、あとはほうれん草とか春菊の胡麻和えでもしよう、という話を老母としていたら、「買い物に行くんなら中濃ソースを買ってきて」とおっしゃる。

はい???

中濃ソース???


どこにソースを使う献立がありますの???

と言うと、
「トマトにかけて食べるから」だと。

いッやあああああ(悲鳴)

トマトに中濃ソースはやめてええええ。
トマトには醤油か砂糖でしょおおおお。

    
               朝からトマトもビックリの騒ぎ
c0077465_10193087.jpg

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-31 09:55 | 素朴なギモン | Comments(3)

まったく馬鹿だよ


黒川夫妻が参院選出馬表明 若尾文子さんは比例

2007年5月30日(水)20:06
建築家で「共生新党」を設立した黒川紀章氏(73)は30日、東京都内で記者会見し、夏の参院選に東京選挙区から立候補すると表明した。併せて同党の比例代表候補として、妻で女優の若尾文子さん(73)を擁立することも発表した。木造住宅の耐震化を全額補助することなどによる「安全な国づくり」と年金、医療制度の抜本改革を公約の柱に据える方針。 (共同通信)


うわあ、みっともない。
馬鹿夫婦って、この2人のことを言うんだな、きっと。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-30 20:59 | あ~あ・・・ | Comments(7)

はしかはしかはしか

はしかのことが気になったので、久~し振りに多摩美のサイトを覗いてみたら、ゲゲゲ!!
「緊急」
として、
「本学においても、学生の発症が確認されており、今後、二次感染予防対策として、麻疹(はしか)の初期症状のある者は、登校の自粛および禁止として対処していく方針です。(以下略)」

だと。
ついに、あんな山奥の大学にまではしかがやって来たんか!!
やれ迷惑な。

大学・高校生でさえ免疫が切れかかっていて感染するのなら、わしら大人はどうなる?
免疫が切れかかっているどころか消滅しているかも知れんのだぞ!

いやだなあ。
感染したくない。


この年になって、体じゅうに醜い斑点がいっぱい出来るのは耐えられない。
神様ホトケ様、どうぞ、スットコ息子とスットコ娘だけは感染しませんように。
この二人はまだいいとして(なぬ?)、ねこママが再びはしかにかかるのは絶対避けたいです。
自分が一番心配なエゴイストのねこママ。笑

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-30 15:30 | ふんとにもぉッ | Comments(0)

思い出すこと

自殺する人間が多くてイヤになってくる。ことに、松岡利勝前農水相のような立場の人間が自殺などすることで、国民はかえって不信感を抱いてしまう。
ねこママんちのスットコ息子たちにまで、
「政治家なんてこんなもんでしょ~」といった虚無的な感情を植え付けてくれちゃって、恨むぞ!

死ぬんだったら、潔く何もかもぶちまけてから死ね。


ところで話違うけど、ねこママの中学時代の同級生に「タヌキ」というあだ名の男の子がいた。能のないあだ名だって?いや、その当時は「ドラエもん」の漫画が誕生してなかったんだから、「タヌキ」と呼ぶよりしょうがない。
一年生の時に同じクラスだっただけだが、明るくひょうきんで人なつっこかった。屈託がなく、いい子だったと記憶している。屈託がないので、クラスが違っても、廊下で会うと人なつっこい笑顔を見せてくるのである。

中学三年の終わりに、何が原因なんだか知らないが、彼の父親が首を吊って自殺してしまった。「タヌキは高校は行けるの?どうなるの?」と心配したが、入学式に顔を見て、ちょっとホッとした。
高校では同じクラスになることはなかったが、ときどき見掛ける彼は中学時代の明るさが嘘のように消え、暗いというのではないが、一緒につるむ友達もなくなんだかぼんやりとして日を過ごしているように見えた。
廊下で会ってもいつも1人で、視線はうつむきがち、うっすらと微笑をしてみせるのだが、なんだか幽霊のようにふわふわして見えた。

同じ中学出身の者同士で、「タヌキのお父さん、自殺したんだって・・・・」「可哀想・・・」と話はするものの、うかつに声はかけられない。いつしか3年間が過ぎて卒業していった。
たまに、中学時代の彼の笑顔と高校時代のぼんやりとした表情を思い出すが、父親の自殺が彼の心に影を落としたんだろうと考えると、今もなんだか心が痛くなってくる。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-30 09:29 | う~~~~む | Comments(2)

おめでとう!

難聴のフリーライター、Ogさんが結婚!

☆★☆★☆★☆★☆★☆
 Congratulations
☆★☆★☆★☆★☆★☆


http://homepage2.nifty.com/hana2000/

末永くお幸せにね!

ダイレクト版はこっち。笑 ↓
http://usagiza.cocolog-nifty.com/blog/2007/05/post_2826.html 

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-29 17:00 | うふっ | Comments(2)

c0077465_8272525.jpg安川 佳美著
税込価格 : 756 (本体 : 720)
出版 : 平凡社
サイズ : 新書 / 221p




現役東大理Ⅲ生である若い女の子が書いた本。超難関大学に入るための勉強法や心構えが知りたくて買った。
今はスットコ娘が「面白いよ」と言いつつ読んでいる。

帯の部分を改めてしげしげと眺めたら、

「頭のいい子は親が作る!?」
現役の東大理Ⅲ生が書く 最難関突破の「家族力」。

だとさ。

・・・・・・・・・・・・・・・へ~~~~。
親が作るんですかい?
うわわ、こりゃ責任重大。
てか、うちは手遅れだぜよ、はっはっは。(=^□^=)

改めて、生まれ変わったら自分の子どもをビシビシ鍛えて東大に入れよう、とまたもや誓うねこママさんなのさ。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-29 08:27 | うふっ | Comments(0)

四柱推命

昔、四柱推命という占いをやってみたことがあった。やり方がなかなか面倒くさいものであったと記憶している。今はパソコンで検索して無料で診断出来るので、便利な世の中になったものだと思う。
以下はねこママの診断結果。
「なななななんだとぅ!?」と言いたい部分もあるが、我慢。(▼皿▼;)クソ

四柱推命 - 鑑定結果
●気質
雨水や水滴のような柔軟な「プラスの水」の性質を持っています。
明朗で頭が良く、社交的です。また、文才もあるでしょう。
気質的には、少しエネルギーが弱いせいか消極的です。

●性格
[表面的性格]
楽天家で喜怒哀楽がはげしいタイプ
好きなことに情熱を傾けて、生きたいように生きるという生涯です。楽天的で人柄はよいのですが、知性が欠けたように見られやすく、深みや厚みのない人と思われがちです。自分の特性を生かした専門職につくのが成功のポイントです。芸術家や芸能人などもよいでしょう。大衆性を生かした職業が向いています。また、淡白であっさりした性格の持ち主で、のんびりとしているように見えるでしょう。


[潜在的性格]
リーダーシップがあり頼もしいタイプ
権威があり、正しい主張は堂々と最後まで押し通す頼もしい性格の持ち主です。また、独立心が強く、バイタリティーがあり、努力家です。さらに、ひとつのことに熱中するタイプで、あいまいさやごまかしを嫌い、納得がいくまでやらないと気が済みません。他人に対しても自分と同じものを要求する傾向があります。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-28 21:55 | う~~~~む | Comments(2)

古い歌から

いきなり、♪僕 おしになっちゃった なんにも話すこと出来ない♪という古い歌のフレーズが浮かんできた。
おいおい、「おし」という表現はまずいだろ・・・・と思いながら、考えてみたらねこママはこの歌をたいして聴いたことがないのに気づいた。
歌詞もメロディも覚えてはいるのだが、肝心の歌い手がさっぱり思い出せない。グループサウンズだったような?いや、フォークに近かったような気がする。
不思議な歌詞だが何というグループが歌っていたろう?と検索してみたら見つかった。

ジャックス 「からっぽの世界」
http://www2j.biglobe.ne.jp/~tryandgo/asset/UTA/karappo.html

奇妙な詩だなあ、つくづく・・・・。
諸星大二郎あたりが漫画にしたらよさそうにも思える。
それに、この頃は「おし」という言葉を使用して歌っていても、どこからもクレームはつかなかったのだろうか。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-28 16:51 | う~~~~む | Comments(0)

消毒薬のトラブル

昨日は市のいっせい掃除。今年、ねこママんちは班長なので、早起きして洗濯を済ませ、ダンナとビニール袋だの軍手だの箒とチリトリだの持って出掛けて来た。帰宅したら、今度はポリバケツいっぱいの消毒液を作り、同じ班の人たちと側溝にまいて歩く。
それはいいんだが、うちは12班なのに、どういうわけか13班の人達が勝手に消毒液をバケツやジョウロに汲んで持ってゆく。

「これは12班のものですよ。13班は班長のKさんが『去年消毒薬をまいたから、今年はやらない』と言ってたそうですけど?」と注意すると、「あ、そうなんですか~?」と引っ込む。
が、少し立つと、また13班の人達が勝手に消毒液を持って行って自分たちの側溝にまいていく。その為、液が足りなくなってしまった。

どういうことかと思ったら、肝心の13班は班長が出てこなくて、しかも、13班に限らず12班の人たちまで、「消毒液は12班と13班とで合同で使うもの」だと思っているようなのだった。
そんな馬鹿な、と家の中にいるばあさんに聞くと、「12班と13班は別だよ。消毒液は12班のものであって13班のは入ってないはず」と言う。
「でもさ、12班と13班は一緒にやるんだよ!と言う人もいるんだけど」
「そんなわけない、別々だよ」

それで外に出て、「うちのおばあちゃんは別々なんだ、と言ってますけど?先日Kさんの奥さんに会ったときに消毒をどうするかと聞いたら、『うちは去年やったから今年はやらない』と言ってたそうですから」と言ったら、ばあさんの友人でもあるTさんが、ねこママの肩をポンポン叩いて、「もう終わったんだし、今そんなこと言ってもしょうがないんだから~」と言った。

その途端、ねこママはなんだかすごく不愉快になってしまった。
何がと言うと、こうやって、物事をあいまいに済ませておいた方が波風が立たなくていい、という考えの人がいる、ということに対してなんです。
「12班と13班は一緒にやるんだよ!」と言った奥さんたちはとっくに家の中に入ってしまっているし、おそらくは今もそう思いこんでいるのだろう。そうすると、次回にまた消毒液をまくときは、また誤解・カン違いしたままでやることになるわけね。

結局、ねこママは、12班と13班とで一緒に使うべき消毒液を、「Kさんが『うちは今年はやらない』と言ったから」という理由で、12班にだけまこうとしたというふうに受け止められてしまったみたい。
ばあさんに事情を話して、消毒の原薬を持ってきた組長に電話して聞いてもらったら、やっぱり「あれは12班の消毒薬であって、13班は関係ありません」とのことだった。

まったく馬鹿馬鹿しい。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-28 11:01 | にゃあにゃあ☆ | Comments(1)

こんな占い

http://uranai.artisthouse.co.jp/

「日本歴史占い」


ねこママは紫式部なんだそうな。それはいいんだが・・・・
「産まれもってのスケベ」とはなんなのよっ。(▼皿▼)=3

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-27 22:24 | ぎゃんぎゃん★ | Comments(3)

眠れぬ夜

夕べ、布団の中でだしぬけにふたつのメロディが頭の中に浮かんできた。

①♪ドドレレミミレ
  ミミソソララソ
  ララソソミドレ
  ソソミドレミド♪



②♪ドドソソララソ
  ファファミミレレド
  ソソファファミミレ
  ソソファファミミレ
  ドドソソララソ
  ファファミミレレド♪


でもって、どっちが「日の丸」だか、一瞬わかんなくなった。
①だというのはじきにわかったが、じゃあ、②は何でしたっけ???
まさか寝ている連れ合いをたたき起こして
「これ何だっけぇ?」なんて聞くわけにも行かぬ。

というわけで、頭の中で何度も歌いながら布団を抱え込んであっちにゴロン、こっちにゴロン、と輾転反側。「キラキラ星」だと気づいてやっと眠りに落ちたらもはや明け方。
あほくせ~ったらありゃしない。

とにかく本日は朝から市の一斉掃除。終わって帰宅したら、疲れと眠気がいっぺんに押し寄せてきた。

<教訓>夜、頭の中で歌うのはやめましょう。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-27 13:49 | あ~あ・・・ | Comments(0)

オススメ本

c0077465_23213792.gif介護の達人
■著者名 羽成幸子
■ISBN 4-16-356430-6
■出版社名 文藝春秋
■価格 1,100円(消費税込み)

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-26 23:18 | きっぱり! | Comments(2)

谷間の灯

c0077465_21401659.jpg

There's a la~mp shinin' bri~ght in a ca~bi~n
In the wi~ndow it's sh~inin' for me,
And I know~ that my mother is pra~yin'
For the bo~y she is lo~ngin' to see.
When it's la~mp-lightin' ti~me i~n the va~lle~y,
Then in drea~ms I go ba~ck to my ho~~me.
I can see~ that old la~mp in the window~~.
It will gu~ide me where~~ver I roa~~m.


「谷間の」ではないけど我が家の灯。
子ども達が独立して家を出て言ったら、この写真の光景を懐かしいものとして思い出してくれたらいいなあ、と思う夜。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-26 21:30 | まったり~~~ | Comments(0)

少年事件

昭和33年に起きた、「小松川女子高生殺人事件」。
事件史でしか知らないが、山口県光市での母子殺人事件の話が出てくると、ライフル魔の事件と共にいつも思い出す。

http://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage130.htm

そして、こういう事件の話になると、ねこママは加害者の育った劣悪な環境に思いを馳せたり、被害者の遺族の気持ちになったりして気持ちがブレてくる。

が!

先日起きた、母親の首切断事件と神戸の児童殺傷事件は別。
たとえ14才だろうと17才だろうと、同情する余地が一点もない事件だと思うから。
要は精神に異常な要素を持って生まれてきた人間の犯罪だなと思い、ただ遺族の心が癒やされる時が来ることを願うだけである。

あああ・・・・それにしても携帯が見つからない。涙 

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-25 14:36 | う~~~~む | Comments(0)

携帯がないのよ

(・_・。;))マイッタナァー・・・・
携帯が見つからない。


固定電話から電話して、呼び出し音(バイブ)をばあさんに聞いてもらうが「聞こえない」と言う。じゃあ、2階か?しかし、足の悪いばあさんに、2階へ来いなんて言えないわ。
子ども等や連れ合いが帰って来るのを待つよりしょうがない。夕方以降になってしまうが・・・・。

自分には聞こえなくても、自宅にいる時は呼び出しをバイブでなく「音」に設定した方がいいなあ、とつくづく思った瞬間。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-25 10:54 | あ~あ・・・ | Comments(0)

ハニカミ王子くん

c0077465_14393831.jpg近頃ハニカミ王子こと石川遼くんが、かってのハンカチ王子を思わせる人気。
いい男なんだが、目鼻立ちがどことなくクラシックなので、スットコ娘の年代では「ダサイ」と思われがちなのではないかと思っていた。

夕べも夕飯の時に、ばあさんと何気なくハニカミ王子のカッコよさについて話し合っていたら、スットコ娘がたちまち眼をランランさせて食いついてきた。

「カッコイイよね!」
「え、そう思うの?古くさい顔立ちなのに?」
「カッコイイよ!みんな言ってるよ!ハンカチ王子はそうでもないけどハニカミ王子はカッコいい!って」
「ハンカチ王子は弱そうなカッコよさ!ハニカミの方は強そうなカッコよさなの!」
と、ついムキになったねこママおばちゃん。
「ハンカチ王子、ちっともカッコよくないよ」

ええい、うるさい。
マゼラン星雲どころか、クェーサーまでぶっ飛ばしてやろうか?

とはいうものの、ほんとのことを言うとねこママはよそんちのイケメンなんてどうでもいい。我が家のバカ・アホ・タワケのスットコ息子の方が1000倍もよろしいわ。誰も騒いでくれないけどね。笑

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-24 14:25 | うふっ | Comments(2)

介護について

ねこママの周囲だけでなく、ブログ仲間たちにも次々と親の介護が始まっている。それが自分の親だったり配偶者の親だったり、時には年の離れた自分の姉(!)だったりと様々だ。
ねこママは、親の介護はともかく、親が死ぬと言うことは、自分を死から遠ざけてくれている防波堤が消失することのような気がしている。
早く言えば、自分と死との間には「親」というワンクッションがあるのだが、その親の片方が欠け、残る片方も欠けると、目の前に広がるのは「(いつかは自分に来る)死」という暗い海である。
そう、親が死ぬということは、死を意識することから遮断する防波堤が消失して、今度は自分の死を意識し見つめ直すことなのではないかという気がする。
最近はことにその思いが強まってきた。
「二人とも、いつまで生きていてくれるのだろう」という気弱な思いがふと、脳裏を駆け抜ける。

とまあ、朝っぱらから辛気くさい話はやめて、同居している奥さんの母上の介護を手伝っている従弟の話をする。同じ埼玉県の大宮に住んでいるのだが、その彼からのメールが面白い。

ばあさまはボケているけど足腰は達者なので、気に入らないことがあると、足をドカドカ踏みならしております。この音が聞こえると、「また始まったよ」と家内と二人で笑い合っております。ばあさまは以前はおしっこを垂れ流しながら文句を言っていたのが、今はオムツを当てて文句を言っております。

といった調子。その情景が眼に見えるようだが、従弟のどこか人ごとみたいなすっとぼけた文体が面白い。屈託のない性格なので昔から可愛く思っていたが、外見が幼女連続殺人事件の宮崎勤に似ているんだな、これが。苦笑
だもんだから、宮崎勤が逮捕されて顔写真が新聞に載った時はギョッとした。従弟の親もギョッ、勤め先の人達もギョッ、人騒がせなやつである。

ともあれ、介護の生活は相当に辛いものがあると思うのだが、親のボケっぷりを笑い飛ばすというのも、なかなかシニカルでよいのではないかという気がしてくる。


「笑う介護生活」

うん、親がボケたらこういうタイトルでブログを作ろう。・・・・なに?更新してる暇はない?そっか~~~!笑
[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-24 08:08 | にゃあにゃあ☆ | Comments(4)

むかついたな、もう。

某掲示板に「基本的に子どもを産むのは義務、子を持って、立派に育てて、次代へ貢献するのが、人間の務めではないのですか?」というようなコメントがあり、ねこママは「うわあ、なんじゃこら」と思ってしまった。

この人は独身なのか?結婚しているのか?子どもがいるのか?
いずれにしても、子育てにどんだけお金がかかるかわかっていない人か、もしくはお金に困っていない(と思っている)人なのだろうと思う。または(仮に結婚しているとして)奥さんが気持ちの上で(お金が足りない、困った)と感じているのに、ご亭主様の方はその現実がわかっていず、
夢見る夢男さんだったりするのじゃないかね。

いつも思うのだが、残念ながら、男と女とでは金銭感覚に温度差があるようだ。
例えば男が30万円稼いできますね。
育ち盛りの子どもが3人いますね。
家はアパートで家賃が8万円だとする。
あるいはローン。ボーナス払いなしの8万円だとします。
家賃を払えば残りは22万円だ。
女の頭の中では家族5人分の食費・電気・ガス・水道・通信費・給食費・3人分の学費・塾ないしは予備校費・生命保険・複数の学資保険その他もろもろのことがいっぺんに押し寄せてきて、いや苦しいのなんのって(これはねこママんちのことじゃなくて、あくまでも凡例ですけどね)。

ところが、男の方は(これでやっていけるはず)と楽天的である。
これはねこママだけでなく、複数の主婦が同じ意見であった。
「うちのダンナは給料が20万だろうが15万だろうが、これでやっていけると思ってるよ!」と言うと、皆がウンウン、うちもだよ!うちも!といっせいにうなずくんだわ。

どうよ?

だからねこママは、子どもにいかに金がかかるか、今日はこれこれのお金が子どもにかかった(?)とか、いちいち連れ合いに報告するようにしているんです。連れ合いはたぶん聞きたくないだろうと思う。
しかし!
子どもは金食い虫だということを、母親が知っているだけでいいわけがない。
子どもは金がかかる生き物なの!
ということを、亭主の頭にこれでもか!というくらいインプットする必要がある。
頭の悪い子はそれなりに、頭のいい子もそれなりに、塾へ行き予備校へ行き当たり前のように大学へ行く時代だから、やりくりをする主婦は胃も頭も痛いことばっかりなのよ。

高いんですよ!何もかも。
どんだけェ~~!


中学までならまだ公立に通っている限りは交通費はかからん。
高校行ってみれ。たちまちスイカだのパスモだの買うハメになる。
大学行ってみれ。
「行くなら獨協大学に行け。徒歩で行ける」と子どもの頃から何度も言ってたのに・・・・それなのに・・・・何の因果か草加→八王子まで通ってんですぜ。本人が美大へ行きたいと子どもの頃から言ってたからだ。
それをさ、「金がないから就職してくれ」なんて言えますか?
バカで有名なT君だって大学行っとるのに?(T君、すまん)

娘も今の高校へ入るのに、とんでもなくたっかい金を塾に払った。月に5万円どころか、月に20万30万払った時もありました。たいていの進学塾はそんなもんだ。
なんでそんなところに行かせたのか?それは「どうしても行きたい!この学校に入りたい!」と本人が決心した高校があったからだ。近場の高校なら塾に入らなくても行けるからそこにしてくれよ、という親の願いなんて粉々に砕いて突進しやがりましたわ。

息子もそうだよ?高2から美術予備校に通っていたが、毎月5万かかるのさ。画材もたっかいし、あれもこれもで頭が痛いことだらけであった。

アナタだったら、経済的なことを理由に、子ども達を叱りつけてでも就職させますか?近場の高校で我慢させますか?出来ないでしょ?子どもの為には、多少の困難も何とかするのが親というものだ。

とにかく子どもは金がかかります!

だから、「子どもを産むのは義務、子を持って、立派に育てて、次代へ貢献するのが、人間の務め」とか偉そうに言うんなら、金を出してくれよ!
それとも、あなたが国に働きかけてくれますか?

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-23 10:47 | ぎゃんぎゃん★ | Comments(2)

疲れた~~~~

議事録作成終了。あとは講師や発言者にファイルを送って加筆修正してもらう作業が待っている。メチャクチャ疲れた。文の意味がよくわからんので。年金講座の時は、びっくりするぐらいはしょりが少なくて、意味不明の文もなくて楽だったな~。

今度のは発言や話の中にはしょりの部分が多く、その為に意味がわからなくなっているものが多い。不要だと判断して要約筆記者が書かなかったのか、講師の話し方がそんな具合だったのかわからない。
はしょった為に意味がつかめない文というのは、本当に、読んでも議事録を作成していても疲れる。肩がこった。
誰か、コーヒーを入れてくれ~~~~。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-22 12:08 | あ~あ・・・ | Comments(0)

議事録作成中

今日は、昨日の講演、「派遣制度について」の議事録を作成している。
レポート用紙19ページに渡って筆記したものを元に入力しているのだが、なんだか非常にやりづらいものを感じる。早い話が、はしょられて意味がわかりにくくなっている要約文が多いのだ。
それとも、もともと講師(情報センター次長)の話し方に「はしょり」が多いのかしら?

2月の「年金講座」の議事録を作ったときはそういうことはなく、講師に確認してもらった時も、訂正・加筆の部分がほんの少ししかなかった。それだけ、その時の要約筆記者の腕がよかったのか、あるいは、講師である(某国立大学非常勤講師の)N氏の話し方が、もともとわかりやすくまとめやすく書きやすかったのだろうか?

今回の講演はOHPスクリーンを見ても意味がよくわからない部分がいくつもあり、憂鬱な気分になりながら入力している。単純に派遣制度について理解するだけでいいなら十分に理解出来た内容だったと思うが、それは実際に出席しての話であって、欠席した会員が会報に掲載された議事録を読んで、意味をきちんと理解しようというのはちょっと無理かも?という感じ。

いや、わかった気になるのはたやすいんだがね~、そういう文って、読み終わったあと、頭の上で「?」マークがけっこういくつもポッポカポッポカ浮かび上がってくるもんです。それが目に見えないダメージを神経に与えて、疲労がいや増したりするんだ。

今のねこママがそれだす。

[PR]
# by nekotamamako323 | 2007-05-21 13:25 | う~~~~む | Comments(16)